シグナル伝達機構

出典: meddic

signaling mechanismsignal transduction mechanism
情報伝達機構

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新規がんシグナル伝達機構と分子標的治療 (特集 固形がんの分子標的薬 : 基礎研究から創薬・開発・臨床まで) -- (がん分子標的治療の臨床)
  • 清水 俊雄,中川 和彦
  • 日本臨床 73(8), 1342-1348, 2015-08
  • NAID 40020541243
  • 呼吸器ウイルス感染症における分子病態 : RSウイルス感染肺線維芽細胞におけるサイトカイン産生と細胞内シグナル伝達機構 (特集 呼吸器疾患の分子病態に迫る)
  • 木村 博一,塚越 博之,吉住 正和 [他]
  • Respiratory medical research 3(2), 99-103, 2015-04
  • NAID 40020456820
  • 間葉系幹細胞を用いた炎症性関節炎の治療と再生
  • 田中 良哉,園本 格士朗,近藤 真弘,尾下 浩一,張 香梅,福與 俊介,山岡 邦宏
  • 日本臨床免疫学会会誌 38(2), 86-92, 2015
  • … の応用が期待されている.著者らは,骨髄,あるいは,脂肪由来のヒト間葉系幹細胞は,炎症性サイトカインの存在下に於いて骨芽細胞,骨細胞,また,軟骨細胞へ分化が誘導されること,及び,そのシグナル伝達機構を解明した.また,間葉系幹細胞は破骨細胞の分化誘導を抑制し,TGF-β等の産生を介して免疫抑制作用を有していた.さらに,コラゲン関節炎モデルラットでは,間葉系幹細胞はポリ乳酸グリコールナ …
  • NAID 130005072688

関連リンク

本項においては、生体内におけるシグナル伝達(シグナルでんたつ; signal transduction)機構について記述する。 いかなる生命も周囲の環境に適応しなければならず、それは体内環境においても、個々の細胞においてすらも同様である。
シグナル伝達の方法 † 内分泌型:内分泌細胞で作られた ホルモン が血流中に放出され、全身に広がる パラクリン型:シグナル分子(局所仲介物質)が細胞外液中を拡散し、近隣細胞へ伝達する 神経型:神経細胞による電気シグナルの送受信。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元signal transduction mechanism」「情報伝達機構」「signaling mechanism
拡張検索細胞内シグナル伝達機構
関連記事機構」「伝達」「シグナル

signal transduction mechanism」

  [★]

signaling mechanism

情報伝達機構」

  [★]

signal transduction mechanism
シグナル伝達機構

signaling mechanism」

  [★]

  • シグナル伝達機構
signal transduction mechanism

細胞内シグナル伝達機構」

  [★]

intracellular signal transduction mechanism
細胞内情報伝達機構

機構」

  [★]

mechanismmachinery、(団体)organizationmechanistic
器質化機序組織組織化組成機作メカニズム仕組み機械類機構的マシナリー


伝達」

  [★]

transmission, transfer
伝導



シグナル」

  [★]

signal
信号




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡