シクラシリン

出典: meddic

cyclacillin、((欧州))ciclacillin


和文文献

  • シクラシリンおよびアンピシリン経口投与による小児腸内細菌叢の変動
  • シクラシリン(バストシリン"武田")細粒の吸収・排泄に関する検討
  • シクラシリン (バストシリン'武田') 細粒の吸収・排泄に関する検討

関連リンク

抗生物質で、細菌による感染症の治療薬「シクラシリン」の説明。成分名、製品名、作用・副作用、用法・注意点など。 ... ペニシリン剤に共通の副作用として、ペニシリン過敏症が起こることがあり、ごくまれにショックの ...
バストシリンとは?シクラシリンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。 作用 【働き】 感染症は ...


★リンクテーブル★
リンク元アミノシクロヘキシルペニシリン」「cyclacillin
関連記事リン

アミノシクロヘキシルペニシリン」

  [★]

aminocyclohexylpenicillin
シクラシリン

cyclacillin」

  [★]

シクラシリン

ciclacillin


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡