シェーンバイン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

単にシェーンバイン法とも呼ばれる。検査試料中にシアンが存在すると、シアンが化学反応を起こし、オゾンが生成する。発生したオゾンがグアヤク脂を酸化することにより、試験紙が青色へと変化する。検査試料中にシアンが存在 ...
世界大百科事典 第2版 シェーンバインの用語解説 - ドイツの化学者。メッツィンゲンの生れ。13歳の時から工場で働き,化学と薬学の実際的知識を得た。後にエルランゲン大学で化学を学ぶが,そこで学生であったリービヒおよび ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡