シアナミド

出典: meddic

cyanamide
カルシウムシアナミド calcium cyanamideカルシウムカルビミド calcium carbimide
シアナマイド
カルバミドカルシウム


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/03 16:46:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 東北日本海側地域における水稲収穫後の圃場への石灰窒素散布が漏生イネの出芽・苗立ちに及ぼす影響
  • 大平 陽一,白土 宏之,山口 弘道 [他],福田 あかり
  • 日本作物学会紀事 84(1), 22-33, 2015
  • … 石灰窒素散布 (50 g m-2)は,いずれも無処理と比較して漏生イネの出芽率を低下させ,特に秋季の石灰窒素散布の効果が高い傾向にあった.その要因として,秋季の石灰窒素散布では,気温が高いことでシアナミドによる種子の休眠覚醒および発芽阻害の効果が高かったことと,その影響が及ぶ期間が長かったことが推察された.この他に,石灰窒素を水稲の漏生抑制に利用する上では,石灰窒素の散布後に一定期間 …
  • NAID 130004829742
  • シアナミド架橋白金二核錯体をビルディングブロックに用いた多核錯体の合成
  • 島 暁
  • 大学院研究年報 理工学研究科篇 (第44号/2014), 2014-07-01
  • NAID 120005532204
  • 休眠期のシアナミド処理がニホンナシ'幸水'および'豊水'の発芽・開花に及ぼす影響
  • 吉川 瑛治レオナルド,Yamamoto Robson Ryu,Petri Jose Luiz [他]
  • 園芸学研究 13(2), 143-153, 2014-04-15
  • NAID 40020085620

関連リンク

シアナミド鉛さび止めペイント「シアナミドヘルゴン下塗/速乾シアナミドヘルゴン下塗」の商品紹介です。建物・建材の商品一覧。日本ペイント株式会社。 ... シアナミド鉛を使った塗膜は特有の強靭な防錆力をもち、一般鉄骨 ...
シアナマイドとは?シアナミドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 お酒をやめるのを助けるお薬です。多量の飲酒で体をこわしている人に用います。 作用 【働き】 アルコールの ...

関連画像

シアナミド処理(左:無処理 シアナミドCAS NO.65931 - 45から 5 シアナミドの一部分は、 土壌 シアナミドの画像 - 原寸画像 シアナミド : 日々是好日 にもシアナミドが含まれる

添付文書

薬効分類名

  • 酒量抑制剤

販売名

シアナマイド内用液1%「タナベ」

組成

有効成分(1mL中)

  • 日局 シアナミド 10mg

添加物

  • メチルパラベン,塩酸,水酸化ナトリウム

禁忌

  • 重篤な心障害のある患者〔本剤の投与により増加するアルコール代謝物アセトアルデヒドが悪影響を及ぼすおそれがある.〕
  • 重篤な肝障害のある患者〔スリガラス様封入体の発現により悪影響を及ぼす.〕
  • 重篤な腎障害のある患者〔腎障害を悪化させるおそれがある.〕
  • 重篤な呼吸器疾患のある患者〔本剤の投与により増加するアルコール代謝物アセトアルデヒドが呼吸機能に抑制的に作用する.〕
  • アルコールを含む医薬品(エリキシル剤,薬用酒等)を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 慢性アルコール中毒及び過飲酒者に対する抗酒療法
  • 断酒療法として用いる場合には,シアナミドとして,通常1日50〜200mg(1%溶液として5〜20mL)を1〜2回に分割経口投与する.

本剤を1週間投与した後に通常実施する飲酒試験の場合には,患者の平常の飲酒量の十分の一以下の酒量を飲ませる.飲酒試験の結果発現する症状の程度により,本剤の用量を調整し,維持量を決める.
節酒療法の目的で用いる場合には,飲酒者のそれまでの飲酒量によっても異なるが,酒量を清酒で180mL前後,ビールで600mL前後程度に抑えるには,通常シアナミドとして15〜60mg(1%溶液として1.5〜6mL)を1日1回経口投与する.飲酒抑制効果の持続するものには隔日に投与してもよい.

慎重投与

  • 肝障害のある患者〔スリガラス様封入体の発現により悪影響を及ぼすおそれがある.〕
  • 腎障害のある患者〔腎障害を悪化させるおそれがある.〕
  • てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者〔痙攣を誘発することがある.〕
  • 脳の器質障害のある患者〔本剤の投与により増加するアルコール代謝物アセトアルデヒドが悪影響を及ぼすおそれがある.〕
  • 糖尿病の患者〔アルコール性低血糖を起こしやすい.〕
  • 甲状腺機能低下症の患者〔類薬ジスルフィラムの動物実験で抗甲状腺作用が報告されている.〕
  • 本剤に対して過敏症の既往歴のある患者
  • ジギタリス投与をうけている患者〔シアナミド−アルコール反応時に血清カリウム値の低下のおそれがある.〕

重大な副作用

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),落屑性紅斑(いずれも頻度不明)

  • このような副作用があらわれることがあるので,このような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬剤性過敏症症候群1)(頻度不明)

  • 初期症状として発疹,発熱がみられ,更に肝機能障害,リンパ節腫脹,白血球増加,好酸球増多,異型リンパ球出現等を伴う遅発性の重篤な過敏症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.なお,ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)等のウイルスの再活性化を伴うことが多く,投与中止後も発疹,発熱,肝機能障害等の症状が再燃あるいは遷延化することがあるので注意すること.

再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少(いずれも頻度不明)

  • これらの副作用があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

肝機能障害,黄疸(いずれも頻度不明)

  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,LDH,Al-P,ビリルビン等の上昇を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので,定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.また,長期投与により肝細胞にスリガラス様封入体(ground glass inclusion)があらわれることがある2,3)

薬効薬理

動物での作用

アルコール増強作用

  • マウスを用いた実験で,アルコール投与による正向反射消失の回復時間を約3倍延長する6)

アルデヒド脱水素酵素阻害作用

  • ラットに14Cラベル・シアナミドを腹腔内投与した場合,肝におけるアルデヒド脱水素酵素抑制の用量相関がみられた7〜9)

作用機序

  • 肝におけるアルデヒド脱水素酵素を阻害する.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • シアナミド,Cyanamide(JAN)

化学名

  • Aminonitrile

分子式

  • CH2N2

分子量

  • 42.04

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である.水,メタノール,エタノール(99.5)又はアセトンに極めて溶けやすい.1.0gを水100mLに溶かした液のpHは5.0〜6.5である.吸湿性である.

融点

  • 約46℃

分配係数

  • 0.16(pH7.0,オクタノール/水系)


★リンクテーブル★
先読みcalcium carbimide
リンク元cyanamide」「calcium cyanamide」「カルバミドカルシウム

calcium carbimide」

  [★]

カルバミドカルシウム

cyanamide


cyanamide」

  [★]

シアナミド

calcium carbimide

WordNet   license wordnet

「a weak soluble dibasic acid (the parent acid of cyanamide salts)」
cyanamid


calcium cyanamide」

  [★] シアナミドカルシウムシアナミド


カルバミドカルシウム」

  [★]

calcium carbimide
シアナミド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡