サヴィオゾール

出典: meddic

和文文献

  • 多用途救魯輸液サヴィオゾール(3%Dextran40in RL-8)の使用経験
  • サヴィオゾールの臨床的研究 主として循環血液量とECFにおよぼす影響
  • マクロデックス-RLおよびサヴィオゾールの術中循環動態におよぼす影響

関連リンク

サヴィオゾール輸液,乳酸リンゲル液(デキストラン40加) ... 薬効 3319 その他の血液代用剤 一般名 乳酸リンゲル液(デキストラン40加) 英名 Saviosol 剤形 注射液 薬価 409.00 規格
サヴィオゾール輸液,乳酸リンゲル液(デキストラン40加) ... 経路:注射薬|規格:500mL1袋 |一般名:乳酸リンゲル液(デキストラン40加)|薬価:409.00 |メーカー:大塚製薬工場

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 低分子デキストラン加乳酸リンゲル液

販売名

サヴィオゾール輸液

組成

本剤は1 容器(500mL)中に次の成分を含有する注射液である。

デキストラン40

  • 15.00g

塩化カルシウム水和物

  • 0.10g

塩化カリウム

  • 0.15g

塩化ナトリウム

  • 3.00g

L-乳酸ナトリウム

  • 1.55g

電解質濃度

Na

  • 130mEq/L

K

  • 4mEq/L

Ca2+

  • 3mEq/L

Cl

  • 109mEq/L

L-Lactate

  • 28mEq/L
  • 本剤は添加物としてトロメタモール0.2g/L、塩酸(pH 調整剤)を含有する。

禁忌

  • うっ血性心不全のある患者[循環血液量を増すことから、心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。]
  • 高乳酸血症の患者[症状が悪化するおそれがある。]

効能または効果

  • 血漿増量剤として各科領域における多量出血の場合
  • 出血性・外傷性その他各種外科的ショックの治療
  • 手術時における輸血の節減
  • 外傷・手術・産婦人科出血等における循環血液量の維持
  • 血栓症の予防及び治療
  • 外傷、熱傷、骨折等の末梢血行改善
  • 体外循環灌流液として用い、灌流を容易にして、手術中の併発症の危険を減少する。
  • 通常成人は1 回500 〜 1000mL を静脈内に注入する(6〜10mL/kg体重/時間)。必要に応じ急速注入することができる。
  • 長期連用を避けること(できるだけ短期投与にとどめ、5日以内とする)

慎重投与

  • 腎障害のある患者[腎障害が悪化するおそれがある。]
  • 脱水状態の患者[腎機能障害発現の誘因となるおそれがある。]
  • 肺水腫の患者[水分、電解質が肺細胞間質に滞留し、肺水腫が悪化するおそれがある。]
  • 低フィブリノーゲン血症、血小板減少等の出血傾向のある患者[凝固系を抑制して出血傾向を促進するおそれがある。]
  • 重篤な肝障害のある患者[水分、電解質代謝異常を悪化させるおそれがある。]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化するおそれがある。]
  • 慢性肝疾患の患者[アナフィラキシー反応がみられたとの報告がある。]1)

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショック症状を起こすことがあるので観察を十分に行い、血圧降下、脈拍の異常、呼吸抑制等があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

急性腎不全

(頻度不明)

  • 急性腎不全があらわれることがあるので、乏尿など異常が認められた場合には投与を中止し、持続的血液濾過透析法、血漿交換、血液透析等の適切な処置を行うこと。

過敏症

(頻度不明)

  • アナフィラキシー等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

細胞外液補充作用

  • 本剤の晶質液成分である乳酸リンゲル液は、細胞外液と電解質組成が近似しているので、喪失した細胞外液の補充並びに電解質バランスの維持を行って代謝性アシドーシスを是正する。
    出血量の少ない手術患者並びに健常有志者を対象とし、本剤投与前後の体液の変動を検討した。その結果、対照群に比し循環血液量、細胞間質液量ともに好ましい増加を示し、血漿増量剤としての作用に加えて細胞外液補充作用をも持つことが認められた2,3)

循環血液量維持作用

  • イヌを用いた出血性ショックモデルで、本剤投与後6時間まで循環血液量は脱血前血液量の95%以上を維持し、循環血液量の回復維持効果が認められた4)

末梢血流の改善作用

  • In vitroで各種濃度のデキストラン40の血沈抑制効果を検討した。
    デキストラン40の血中濃度が1.5g/dL以上の場合、赤血球凝集阻止効果をもたらし、末梢血流の改善効果を示した4〜7)

血液粘度低下作用

  • イヌの脱血により生じた血液粘度の増大は、本剤の投与で低下するが、その効果は日本薬局方デキストラン70注射液及び乳酸リンゲル液(pH8)よりも優れていた6)

酸素供給改善作用

  • イヌを用いた出血性ショックモデルで、本剤投与直後のヘマトクリットは20%まで希釈されたが、酸素供給量は投与後2時間で脱血前値に回復した。その後更に増加の傾向を示し、酸素供給の改善効果がみられた7)

血漿電解質平衡維持作用

  • 本剤は、血漿電解質(K、Na、Cl)濃度を正常レベルに回復又は維持する。それは、溶媒としての乳酸リンゲル液による効果とみなされた3,8〜10)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • デキストラン40

分子量

  • 約40000(平均分子量)

性状

  • 白色の無晶性の粉末で、におい及び味はない。エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。水に徐々に溶解する。吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元塩化カルシウム水和物
拡張検索サヴィオゾール輸液

塩化カルシウム水和物」

  [★]

calcium chloride hydrate
AK-ソリタ透析剤・DLAK-ソリタ透析剤・DPAK-ソリタ透析剤・FLAK-ソリタ透析剤・FPDドライ透析剤2.5SDドライ透析剤3.0SHF-ソリタ血液ろ過用補充液・BWキットHF-ソリタ血液ろ過用補充液・Lアートセレブアクメインアルスロマチックエクストラニールエルネオパ1号オペガードMAオペガードネオキットカーボスター透析剤・Lカーボスター透析剤・Mカーボスター透析剤・Pキドライム 透析剤キンダリー透析剤2Dキンダリー透析剤2Eキンダリー透析剤3Dキンダリー透析剤3Eキンダリー透析剤4Dキンダリー透析剤4Eキンダリー透析剤AF1P号キンダリー透析剤AF1号キンダリー透析剤AF2P号キンダリー透析剤AF2号キンダリー透析剤AF3P号キンダリー透析剤AF3号キンダリー透析剤AF4P号キンダリー透析剤AF4号サヴィオゾールサブパック血液ろ過用補充液-Biサブラッド血液ろ過用補充液BSGサリベートステイセーフバランスソリタックスソリューゲンFソリューゲンGソルアセトDソルアセトFソルラクトソルラクトDソルラクトSソルラクトTMRダイアニール-NPD-21.5ダイアニール-NPD-41.5ダイアニールPD-24.25ダイアニールPD-44.25ツインラインNF配合ツインライン配合トリフリードネオパレン1号バイフィルハルトマンD液ハルトマン液ビーエスエスプラスビーフリードビカーボンビカネイトフィジオ70ヘスパンダーペリセート360Nペリセート360NLペリセート460ベリプラストPポタコールRボルヒール組織接着用マイピリンミオテクターミッドペリック135ミッドペリックL135ラクテックラクテックDラクテックGラクトリンゲルMラクトリンゲルSラクトリンゲル液ラコールNF配合ラコール配合リンゲル液リンパック透析剤1号リンパック透析剤3号リンパック透析剤TA1リンパック透析剤TA3レプチラーゼ塩化Ca補正液塩化カルシウム塩化カルシウム水和物大塚塩カル低分子デキストランL
塩化カルシウム


サヴィオゾール輸液」

  [★]

血液代用剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3