サリチル酸コリン

出典: meddic

choline salicylate

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サリチル酸コリンの小児科領域における使用成績
  • サリチル酸コリンの整形外科領域における使用経験
  • 近藤 茂 [他]
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 7(3), ????, 1964-09
  • NAID 40017423628

関連リンク

酸性 NSAIDs, サリチル酸系, サリチル酸コリン, サチボン. アセチルサリチル酸 アスピリン, アスピリン アスピリン, 低い. ジフルニサル, ドロビッド. エテンザミド. フェナム 酸系, メフェナム酸, ボンタール. フェニル酸系, ジクロフェナック, ボルタレン, 中等度. スリンダク ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元choline salicylate
関連記事サリチル酸」「リン」「コリン」「

choline salicylate」

  [★]

サリチル酸コリン


サリチル酸」

  [★]

salicylic acid, salicylate
acidum salicylicum
GSプラスターMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールアルミノニッパスイージプラスタイソジンガーグルエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジノリンジブカルソーシボンスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイアラージンハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミン
サリチル酸ナトリウム
サリチル酸塩サリチル酸エステル
皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)






リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡