サブクローニング

出典: meddic

subcloningsubclone
サブクローン

和文文献

  • キュビリン断片およびアムニオンレス遺伝子を安定発現する培養近位尿細管上皮細胞の樹立とその機能解析
  • 鈴木 哲世,Suzuki Akiyo
  • 新潟医学会雑誌 126(2), 87-95, 2012-02
  • 腎臓の近位尿細管上皮細胞において, 糸球体濾過タンパク質の再吸収 (エンドサイトーシス) に重要な役割を担っている分子がメガリン, キュビリン, アムニオンレスである. メガリンは膜貫通領域を持つ巨大分子であるが, キュビリンは膜貫通領域を持たず, 膜貫通領域を持つ分子であるアムニオンレスと結合し, 複合体を形成する. メガリンとキュビリン-アムニオンレス複合体は互いに協調的に機能すると考えられて …
  • NAID 120005525450
  • 海洋細菌Vibrio sp. XY-214株由来アルデヒドレダクターゼの発現と性質
  • 梅本 善明,荒木 利芳
  • 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 = The bulletin of the Graduate School of Bioresources Mie University (35), 47-53, 2008-12
  • 海洋細菌Vibrio sp. XY-214株からβ-1、3-キシラナーゼ遺伝子(txyA)とβ-1、3-キシロシダーゼ遺伝子(xloA)の間に位置する推定アルデヒドレダクターゼ遺伝子(alrA)をクローニングした。alrA遺伝子は、324アミノ酸残基をコードする975塩基対のオープンリーディングフレームから構成されており、その翻訳タンパク質の推定分子量は36,367 Daであった。本アルデヒドレダ …
  • NAID 120004582464
  • 200-kDa Porphyromonas gingivalis抗原遺伝子のサブクローニングと組換えタンパク質抗体による赤血球凝集活性の阻害
  • 須山 勉
  • 松戸歯学部教育・研究紀要 (7), 28-37, 2005
  • NAID 40007048130

関連リンク

【ベストアンサー】目的の遺伝子DNAをベクターに入れ、 単離することをクローニングといいますが サブクローニングとは、 クローン化DNAから特定の部位を切り出してベクターにつなぎ 単離する ...
クローンとは、同一の同一の起源をもつ均一な遺伝情報をもつ核酸、細胞、個体の集団のことで、クローンを得る行為をクローニングといいます。 サブクローニングとはクローンを再度クローニングすることです。 つまり、RT ...

関連画像

kitを用いてサブクローニング  標的DNAのサブクローニング皆さんはDNAのクローニング 内での組み合わせクローニング サブクローニングの流れ Flexi サブクローニング受託


★リンクテーブル★
先読みsubcloning」「subclone
リンク元サブクローン」「再クローニング

subcloning」

  [★]

  • (遺伝子のベクターを変えること、あるいは細胞を再度クローニングすること)ブクローニング
subclone


subclone」

  [★]

subcloning

サブクローン」

  [★]

subclone
サブクローニング


再クローニング」

  [★]

recloning
サブクローニング



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡