サザピリン

出典: meddic

関連リンク

サザピリンは、アスピリンやエテンザミド、サリチルアミド等と同じくサリチル酸系の解熱鎮痛成分。かつて医療用で「サリナ錠」(日本化薬)が発売されていましたが、現在はサザピリン成分の医療用医薬品は存在していないようです。
サザピリン サザピリンもアスピリン同様サリチル酸系の薬ですが、出題頻度は低いです。 ただし、サザピリンも名称中に「ピリン」とつくので、「ピリン系薬である」として出題されるかもしれません。 留意点はアスピリンと同様 ...
【サザピリン】解熱鎮痛作用をもち、サリチル酸系解熱鎮痛成分に区分される。ライ症候群との関連性を示唆されているため、15歳未満の小児に対しては使用してはならない。解熱鎮痛薬に配合される。

関連画像

FBG 我妻涼 ガンキング版 KEGG DRUG: D00428


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡