サケカルシトニン

出典: meddic

salmon calcitonin
カルシトランサモカルトンサーモトニンレトン
他に分類されない代謝性医薬品




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

カルシトニン (calcitonin) とは、哺乳類では甲状腺の傍濾胞細胞、哺乳類以外では鰓後 体のC細胞(calcitonin cellsの略)などから ... 骨パジェット病や骨粗鬆症、高カルシウム 血症に対する治療薬として、ヒトカルシトニンより効果の強いサケカルシトニン、ブタ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • サケカルシトニン製剤

販売名

カルシトラン注10

組成

成分・含量

  • 1管1mL中 日局カルシトニン(サケ) 10国際単位(IU)
  • 〔カルシトニン(サケ)の活性は,WHOの国際標準品,International Reference Preparation of Calcitonin,Salmon, for Bioassayを基準にして生物学的測定法により測定し,国際単位で表示されている.〕

添加物

  • 1管1mL中 D-マンニトール1.0mg,pH調節剤,等張化剤

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 骨粗鬆症における疼痛
  • 通常,成人にはカルシトニン(サケ) として1回10国際単位(1管)を週2回筋肉内に注射する.なお,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 発疹,蕁麻疹等の過敏症状を起こしやすい体質の患者
  • 気管支喘息又はその既往歴のある患者
    [喘息発作を誘発するおそれがある.]

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショック症状を起こすことがあるので,観察を十分に行い,不快感,口内異常,喘鳴,眩暈,便意,耳鳴等があらわれた場合には投与を中止すること.

薬効薬理

実験的骨粗鬆症に対する作用13),14)

  • カルシトニン(サケ) は,卵巣摘出・低カルシウム食及び腎亜全摘により作製された実験的骨粗鬆症ラットにおいて,骨強度及び骨灰分含量を改善する.

骨保護に働く因子に及ぼす作用15)

  • カルシトニン(サケ) は,その血清カルシウム低下作用に伴う糸球体カルシウムろ過量の変化を補った実験系(ラット)において,尿中カルシウム排泄を抑制する.また,ビタミンD欠乏・甲状腺・副甲状腺摘出ラットの腎において,25(OH)-D3から1,25(OH)2-D3への産生を高める.この両作用により生体のカルシウムバランスを正にする.

骨吸収抑制に伴う血清カルシウム低下作用16)

  • カルシトニン(サケ) は,各種動物において,骨吸収を抑制する結果,持続的な血清カルシウム低下作用を示す(マウス,ラット,モルモット,ウサギ,イヌ).

有効成分に関する理化学的知見

分子量

  • 3431.85

性 状

  • 白色の粉末である.水に溶けやすい.希酢酸に溶ける.本品20mgを水2mLに溶かした液のpHは5.0〜7.0である.吸湿性である.


★リンクテーブル★
先読み他に分類されない代謝性医薬品
リンク元カルシトラン」「salmon calcitonin」「サケカルトン」「サケシトニン」「サモカルトン
関連記事サケ

他に分類されない代謝性医薬品」

  [★]

商品


カルシトラン」

  [★] サケカルシトニン


salmon calcitonin」

  [★] サケカルシトニン


サケカルトン」

  [★] サケカルシトニン


サケシトニン」

  [★] サケカルシトニン


サモカルトン」

  [★] サケカルシトニン


サケ」

  [★]

salmonOncorhynchus keta
サケ科マスノスケサケ類シロザケベニザケベニマスサケ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡