サイクリン依存性キナーゼインヒビター

出典: meddic

cyclin-dependent kinase inhibitorcyclin-dependent kinase inhibitor protein
サイクリン依存性キナーゼ阻害因子サイクリン依存性キナーゼ阻害分子CDKインヒビターCDK阻害因子

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4-nitroquinoline 1-oxide誘発ラット舌癌発生過程におけるp21^<WAF1/CIP1>の発現
  • 松島 由紀,森田 章介
  • 歯科医学 71(1), 21-28, 2008-03-25
  • p21^<WAF1/CIP1>(p21)はサイクリン依存性キナーゼインヒビターの一つであり,DNA損傷時に癌抑制遺伝子であるp53によって発現が誘導され,細胞増殖抑制に働くことが広く知られている.上皮細胞において細胞増殖抑制作用を示すtransforming growth factor-β(TGF-β)もまたp21を誘導する.悪性腫瘍においてp21の過剰発現が多く報告されているが,この …
  • NAID 110006636802
  • プロスタグランディンA1アナログによるp21サイクリン依存性キナーゼインヒビターの発現増強とサイクリンEの発現抑制を介した腫瘍増殖抑制効果
  • 谷川 元基
  • 名古屋市立大學醫學會雜誌 52(1), 33-40, 2001-02-01
  • NAID 110000294358

関連リンク

これらのチェックポイントでは2種のタンパク質 [タンパク質リン酸化酵素(サイクリン依存 性キナーゼ,CDK)とサイクリン]から成る ... また,細胞周期を制御する第3の分子, CDK阻害因子(CDKインヒビター)が発見され,細胞周期の制御は極めて複雑な機構で ...
細胞膜透過性のサイクリン依存性キナーゼ阻害剤です。 CDK1/ サイクリン B、CDK2/ サ. イクリン A、CDK2/ サイクリン E、CDK5/p35 に対しそれぞれ IC50=33nM、33nM、. 28nM、20nM。ERK1(IC50=12.0µM)と ERK2(IC50=3.1µM)を阻害し、ほかのプロ ...

関連画像

生物史から、自然の摂理を読み 国内学会Download]国内学会


★リンクテーブル★
リンク元cyclin-dependent kinase inhibitor」「CDK阻害因子」「CDKインヒビター」「サイクリン依存性キナーゼ阻害因子」「サイクリン依存性キナーゼ阻害分子
関連記事リン」「依存」「キナーゼ」「依存性」「サイクリン依存性

cyclin-dependent kinase inhibitor」

  [★]

サイクリン依存性キナーゼ阻害因子サイクリン依存性キナーゼインヒビターサイクリン依存性キナーゼ阻害分子CDKインヒビターCDK阻害因子

CDKICKIcyclin-dependent kinase inhibitor protein


CDK阻害因子」

  [★]

cyclin-dependent kinase inhibitor
サイクリン依存性キナーゼ阻害因子サイクリン依存性キナーゼインヒビターサイクリン依存性キナーゼ阻害分子CDKインヒビター


CDKインヒビター」

  [★]

cyclin-dependent kinase inhibitor
サイクリン依存性キナーゼ阻害因子サイクリン依存性キナーゼインヒビターサイクリン依存性キナーゼ阻害分子CDK阻害因子


サイクリン依存性キナーゼ阻害因子」

  [★]

cyclin-dependent kinase inhibitorCKICDKI
サイクリン依存性キナーゼインヒビターサイクリン依存性キナーゼ阻害分子CDKインヒビターCDK阻害因子



サイクリン依存性キナーゼ阻害分子」

  [★]

cyclin-dependent kinase inhibitor
サイクリン依存性キナーゼ阻害因子サイクリン依存性キナーゼインヒビターCDKインヒビターCDK阻害因子


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase



依存性」

  [★]

dependencydependent
依存依存的依存型依存度


サイクリン依存性」

  [★]

cyclin-dependent
サイクリン依存




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡