サイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ

出典: meddic

cyclic GMP-dependent protein kinase
プロテインキナーゼGcGMP依存性タンパク質リン酸化酵素

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サイクリックGMP依存性プロテインキナ-ゼ(フラクションコレクタ-)

関連リンク

グアノシン三リン酸にグアニル酸シクラーゼが働いて、サイクリックGMPが産生され、 次にcGMP依存性プロテインキナーゼ が活性化される経路である。 ホルモン→(結合)→受容体 ↓ 促進性G 蛋白の活性化 ↓ グアノシン三リン酸 ...
【特許請求の範囲】 【請求項1】 原虫のcGMP依存性プロテインキナーゼ。【請求項2】 アピコンプレキサン(Apicomplexan)科の原虫のcGMP依存性プロテインキナーゼ 【請求項3】 エイメリア(Eimeria)種 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元プロテインキナーゼG」「cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「cyclic GMP-dependent protein kinase
関連記事依存」「サイクリックGMP」「GMP」「G」「クリック

プロテインキナーゼG」

  [★]

protein kinase GG-kinase
サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性タンパク質キナーゼGキナーゼサイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ


cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cGMP-dependent protein kinase
プロテインキナーゼGサイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ

cyclic GMP-dependent protein kinase」

  [★]

  • サイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ
cGMP-dependent protein kinaseprotein kinase G

依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


サイクリックGMP」

  [★]

cyclic GMP cGMP
環状GMP、サイクリックグアノシン3',5'-一リン酸 cyclic guanosine 3',5'-monophosphate

機能

  • 細胞内でセカンドメッセンジャーとして機能
  • 血管壁:cGMP上昇 → 血管収縮。
  • sildenafil citrateはPDE5を阻害してcGMPの分解を抑制することで血管を拡張させる。


GMP」

  [★]


G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


クリック」

  [★]

ワトソン・クリックのDNAモデル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡