ゴールドマン-ファーヴル症候群

出典: meddic

関連リンク

発見はまた、約1 100万人の人に発見されたゴールドマン - ファーブルの症候群として知られている疾患に起因する失明の治療と予防にターゲットを、提供します。 しかし、もっと重要な研究者は言う、調査結果と科学者の失明 ...
ゴールドマン・ファーヴル症候群 林寿子 612 Wagner症候群 中川聡子 612 傾斜乳頭症候群 額田正之 613 第XII章 耳・鼻・咽喉 レルモワイエ症候群 武田憲昭 616 メニエール症候群 肥塚泉 617 グラデニーゴ症候群 田中康広 618 村上信五 ...
お世話になります。 先天性の眼瞼下垂の場合、それが遺伝する確率はどれくらいでしょうか。実際に母親から息子に遺伝しているのですが、それが孫に遺伝するのはどれくらいの割合なのか教えていただきたいと思います。よろしく ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事症候群」「」「症候」「ゴール」「ゴールドマン

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候


ゴール」

  [★]

goal
目的目標

ゴールドマン」

  [★]

Goldman, Goldmann




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡