ゴルジ染色法

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/16 08:22:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ゴルジ染色(英: Golgi's method)は神経組織の染色法の1つで、イタリアの外科医で あり科学者のカミッロ・ゴルジ (1843-1926) によって1873年に発見された。この染色法 は初期には黒い反応 (la reazione nera) とゴルジによって呼ばれたが、現在では ゴルジ ...

関連画像

Linea 3はパヴィーアの中心部を 図2 ゴルジ染色による棘突起の カハールとゴルジ、シナプスの  一次抗体と染色法の選択


★リンクテーブル★
関連記事染色法」「」「染色

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡