ゴナドレリン酢酸塩

出典: meddic

ゴナドレリン

関連リンク

ゴナドレリン酢酸塩として通常1回10〜20μgを2時間間隔で1日12回皮下投与する。なお、12週間投与し、血中ゴナドトロピンあるいは性ホルモンの上昇がみられない場合は投与を中止する。 使用上の注意 慎重投与 子宮筋腫のある患者 ...
第十六改正日本薬局方(JP16)名称データベース 検索結果 詳細については第十六改正日本薬局方でご確認ください。 [検索ページへ戻る] 検索キーワード: ゴナドレリン酢酸塩 検索件数: 1 第十六改正日本薬局方 化学薬品等

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • LH分泌ホルモン剤

販売名

LH-RH注0.1mg「タナベ」

組成

成分・含量 1管(1mL)中

  • 日局 ゴナドレリン酢酸塩 0.1mg

添加物

  • 氷酢酸 0.06mg
    酢酸ナトリウム水和物 0.04mg
    D-ソルビトール 50.0mg

効能または効果

○下垂体LH分泌機能検査

  • 正常反応は個々の施設によって設定されるべきであるが、通常、正常人では投与後30分で血中LH値がピークに達し、ラジオイムノアッセイによる血中のそれは30mIU/mL以上になる。しかし、投与後30分の血中LH値だけで十分な判定ができないと考えられる場合は、投与後経時的に測定し、判定することが望ましい。
    なお、判定に当たっては、次の点を考慮することが望ましい。
  • 皮下・筋肉内注射時の血中LH反応は、静脈内注射時のそれより低いと考えられる。
  • 排卵期の女性は投与前血中レベル及び投与後の血中LH反応が高く、小児では低い。
  • 通常成人には、1回本剤1管を静脈内、皮下又は筋肉内に注射する。
    静脈内注射の場合は、生理食塩液、ブドウ糖注射液あるいは、注射用水5〜10mLに混じて、徐々に注射する。

重大な副作用

  • 下垂体腺腫患者に投与した場合、まれに頭痛、視力・視野障害等を伴う下垂体卒中(0.1%未満)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には外科的治療等適切な処置を行うこと。
  • ショック(頻度不明)を起こすことがあるので、観察を十分に行い必要に応じ適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 下垂体前葉を刺激してLH(luteinizing hormone)及びFSH(follicle stimulating hormone)の分泌を促進する。2〜9)

LH分泌促進作用

  • 健康成人男子に100μg静脈内投与したとき、血中LH値は10分後より上昇し、30分後に最大(80.3±18.5mIU/mL)に達し、以後漸減する。8)

FSH分泌促進作用

  • 健康成人男子に100μg静脈内投与したとき、血中FSH値は10分後より上昇し、30分後に最大(19.0±11.6mIU/mL)に達し、以後漸減する。8)

有効成分に関する理化学的知見

○分子式

  • C55H75N17O13・2CH3COOH

○分子量

  • 1302.39

○性状

  • ・白色〜微黄色の粉末で、においはないか、又はわずかに酢酸臭がある。
  • ・水、メタノール又は酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくい。
  • ・吸湿性である。
  • ・0.10gに水10mLを加えて溶かした液のpHは4.8〜5.8である。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「ゴナドレリン」「酢酸」「酢酸塩」「レリ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ゴナドレリン」

  [★]

gonadorelin
酢酸ゴナドレリン gonadorelin diacetate ゴナドレリン酢酸塩塩酸ゴナドレリン gonadorelin hydrochloride
LH-RH注ヒポクライン
黄体形成ホルモン放出ホルモン生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン性腺刺激ホルモン放出ホルモン



酢酸」

  [★]

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸
  • CH3COOH


酢酸塩」

  [★]

acetate
アセテート酢酸酢酸エステル

レリ」

  [★]

Leri
レリ徴候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡