ゴケグモ咬症

出典: meddic

和文文献

関連リンク

ゴケグモは世界では30種以上が知られている。セアカゴケグモ以外に、北米のクロゴケグモ(L. mactans)、ヨーロッパのジュウサンボシゴケグモ(L. tredecimguttatus)、アフリカ大陸の L. indistinctus などが咬症発生の頻度が高く、重要な種類で ...
しかし、毒成分であるα-latrotoxinには上記に示したようにゴケグモ種間に共通抗原性が認め られるので、上記2種の咬症患者の容体が悪化した場合には、緊急の処置としてセアカゴケグモ に対する抗毒血清を使用することも選択肢の一つ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡