ゴイトリン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ゴイトリンの抗甲状腺作用に対するヒナの品種間差と生理活性ゴノトリン生成量
  • 秋葉 征夫,松本 達郎
  • 日本畜産学会報 50(8), p515-519, 1979-08
  • NAID 40002982747

関連リンク

栄養・生化学辞典 ゴイトリンの用語解説 - C5H7NOS(mw129.18). 甲状腺肥大物質とも いう.ゴイトロゲンの一つ.甲状腺腫を誘発する物質で,チログロブリンへのヨウ素の 取り込みを阻害する.キャベツ,カブなどアブラナ科植物のある種のものに含まれる.

関連画像

移動: 案内 、 検索などでした。キャベツなどの うさぎ、与え過ぎに注意が必要


★リンクテーブル★
関連記事リン」「トリ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡