コーンハイム説

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

コーンハイム説(こーんはいむせつ)とは、ドイツの病理学者コーンハイムが唱えた説で、組織の奇形が腫瘍の発生原因となるという説である。コーンハイム迷芽説とも呼ぶ。ある器官に、本来ならそこにないはずの組織が
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - コーンハイムの用語解説 - [生]1839.7.20. デミン[没]1884.8.15. ライプチヒドイツの病理学者。実験病理学の先駆者。キール,ブレスラウ,ライプチヒ各大学教授を歴任した。凍結切片作成法や鍍銀法 ...



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡