コーンの分画法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

コーンの低温エタノール分画法 1941年低温エタノール分画法と呼ばれる血漿タンパク質の連続的分離法が、米国ハーバード大学のコーンにより開発されました。これは低温下でエタノー ル濃度、pH等を調整することにより血漿から ...
『戦傷者の外傷性ショックに血漿の輸血が有効であった。そして、血漿の輸送を軽量化・小型化するためにはアルブミンの分画が必要になった。低温の各種条件下で結晶に各種のエタノールを添加し、種々のエタノール濃度で不溶化し ...

関連画像

コーンの低温エタノール分画法血漿分画製剤の歴史 一般  コーン の エタノール 分 画法ワルファリンによる凝固能亢進


★リンクテーブル★
関連記事」「分画

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


分画」

  [★]

(尿理学・組織学)demarcation, (分画すること?)fractionation
demarcatio





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡