コールド・パンチ生検

出典: meddic

cold punch biopsy
ホット・バイオプシー
  • 電気メスを用いない生検をいう。組織変性が少ないが、組織の深部まで切除できないため、深達度の診断には不適


和文文献

  • MRIが診断に有用であった早期尿膜管癌の1例
  • 鈴木 謙一,渡部 隆二
  • 泌尿器科紀要 43(1), 57-59, 1997-01-00
  • … 2ヵ月前に検診で顕微鏡的血尿が認められ,膀胱鏡下コールド・パンチ生検で腺癌と診断され,当科に紹介された46歳男.MRIでは膀胱頂部に小さい腫瘤が認められた.早期尿膜管癌の診断で膀胱部分切除を行い,尿膜管と一塊にして切除し,骨盤リンパ節郭清を行った.組織学的に結腸癌の様な乳頭状腺癌が認められたが,膀胱壁及び尿膜管には癌細胞浸潤はなく,骨盤リンパ節転移もなかった.術後5ヵ月の現在,再発や転移の証拠はな …
  • NAID 120002156823

関連リンク

抄録: 2ヵ月前に検診で顕微鏡的血尿が認められ,膀胱鏡下コールド・パンチ生検で腺癌 と診断され,当科に紹介された46歳男.MRIでは膀胱頂部に小さい腫瘤が認められた. 早期尿膜管癌の診断で膀胱部分切除を行い,尿膜管と一塊にして切除し,骨盤リンパ節 郭 ...
狙い組織検査(パンチ生検)の適応:肉眼的に明らかに癌病変を認めるときはその部 ... 1)狙い組織検査にはパンチバイオプシー(生検)用の試験的切除鉗子を用いる.場合 ... 3)円錐切除にはかつてはコールドナイフを用いて頸部を円錐型に切除した後断端部を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事生検

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡