コレステロールエステル転送蛋白質

出典: meddic

コレステロールエステル転送蛋白

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高HDL血症と血中コレステロ-ルエステル転送蛋白質(CETP)の活性
  • 土橋 桂子,辻 昌宏,賀佐 伸省
  • 札幌医科大学医学部人文自然科学紀要 (34), p41-47, 1993
  • NAID 40005169200

関連リンク

概要. 1980年代に我が国で発見された常染色体性優性遺伝形式をとる脂質代謝異常 症。血清中の高比重リポ蛋白(HDL)-コレステロールが著明に増加する一方で、低 比重リポ蛋白(LDL)の質的異常を来す。欧米諸国や他のアジア諸国では散見されるに すぎ ...
リポタンパク質(リポたんぱくしつ)は脂質が血漿中に存在する様態で、脂質とアポ タンパク質が結合したものである。 .... LDLやVLDLとの間でHDLの中性脂肪とLDLや VLDLのコレステロールをCETP(コレステリルエステル転送タンパク)を用いて交換し、 ...

関連画像

コレステロールエステル転送  コレステロール逆転送におけるリポタンパク質とは? リポ  コレステロールエステル転送図2.CETP欠損がコレステロール CETPがコレステロールエステル


★リンクテーブル★
リンク元コレステロールエステル転送蛋白」「コレステロールエステル転送タンパク」「コレステロールエステル転送タンパク質
関連記事蛋白質」「エス」「白質」「コレステロールエステル」「ステロール

コレステロールエステル転送蛋白」

  [★]

cholesterol ester transfer protein, CETP
コレステロールエステル転送蛋白質
コレステロール逆転送高比重リポ蛋白
[show details]

コレステロールの逆転送

臨床関連

  • 高HDL血症
CETPの機能欠損により生じる


コレステロールエステル転送タンパク」

  [★] コレステロールエステル転送蛋白質


コレステロールエステル転送タンパク質」

  [★] コレステロールエステル転送蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


コレステロールエステル」

  [★]

cholesterol ester CE
コレステロール


ステロール」

  [★]

sterol
ステリン sterin





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 19
2 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
3consat tv frequency direction of dish 16
4塩素挫瘡 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
60 HTTP/1.1 9
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
81,1366,768,24 HTTP/1.1 6
9 43 "Iron" Ltd " maritime" "freights" :contacts mail 6
10難病 一覧 5
111,320,568,24 HTTP/1.1 5
12整形テスト パトリック 5
13Acyclic hydrocarbons mail 5
14methane法 災害 5
15日本多毛 4
16Culpen フルクロキサシリン 4
17生殖器 男性 女性 4
18肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
19先天性赤芽球体ポルフィリン症 4
20 43 "vehicles" Ltd maritime freights :contacts mail 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1難病 一覧 4
2先天性赤芽球体ポルフィリン症 4
3球海綿体筋反射 3
4Q波 3
5外側前腕皮神経 3
6ポルフィリン症の疑い 3
7皮膚 脱落 2
8ホット 医学用語 大腸検査 2
9前交通枝動脈 2
10ran gtpアーゼ 2
11顕性斜視 2
12low t3 症候群 2
13ocr 対光反射 2
14MSSA 壊死性肺炎 2
15cvrr 基準値 2
16糖尿病性高浸透圧性昏睡 検査 2
17C1代謝 2
18遺残三動脈 2
19相互排他的 2
2032歳の女性。健康診断の腹部超音波検査で肝右葉背面の腫瘤性病変を指摘され来院した。既往歴に特記すべきことはない。身長159cm 2