コルチゾール結合グロブリン

出典: meddic

-CBG
See Corticosteroid-binding globulin
cortisol binding globulin
-transcortin
corticosteroid-binding globulin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

血中アルブミン濃度の低下に伴い結合型アル. ブミンが低下するが, .... は軽度腫大を 認める.血中のチロキシン結合グロブリン(thyroxine-binding ... その大部分は, エストロゲンの作用により増加するコルチゾール結合蛋白に結合するが,. 遊離 コルチゾールも ...
エストロゲンの副作用として,CBG(コルチゾール結合グロブリン)の肝での合成亢進が みられます.このCBGはコルチゾール物質の血中濃度を高める作用を有します.この為 ,糖質コルチコイドの濃度が↑し,これによる脂肪分解促進→血中遊離脂肪酸↑→ ...

関連画像

トリヨードサイロニンIDELISA Rapid Salivary Free Cortisol ELISA


★リンクテーブル★
関連記事コルチゾール」「グロブリン」「結合」「リン」「ロブ

コルチゾール」

  [★]

cortisol
コルチゾル
副腎皮質ホルモン糖質コルチコイド

コルチゾールの合成

コルチゾールの合成に関係する酵素の局在 HBC.446

基準値

変動

  • 日内変動:朝高値、夕方低値。

代謝産物


生理作用



グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡