コルチコステロイド離脱症候群

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ステロイド離脱(脱ステロイド) ステロイド剤を長期間使用していると、副腎皮質自体が糖質コルチコイドを正常値までつくらなくなります。身体は、そとからのホルモン投与によって、なんとかバランスを保っている状態になります。
適応疾患 注意事項 副腎不全 ショック ステロイド離脱症候群(体内のステロイドが不足する) 絶対的にステロイドが必要な適応 点滴静注または急速静注 感染症 強い炎症に対して短期間のみ使用 感染悪化のための十分な抗生剤を投与 ...
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 ステロイド離脱症候群

関連画像

特発性眼窩炎症(眼窩偽腫瘍 プレドニゾンばばじろう日記 2013.4.18(2013.9 家族性地中海熱・TRAPS・PFAPAを


★リンクテーブル★
関連記事症候群」「離脱症候群」「離脱」「」「ステロイド

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



離脱症候群」

  [★]

withdrawal syndrome
退薬症候群禁断症候群退薬症候覚醒剤中毒薬物依存離脱精神病



離脱」

  [★]

withdrawalabstinencedisengage
解放、禁断退薬中止撤回遊離休薬


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


ステロイド」

  [★]

steroid
コルチコステロイドステロイドホルモン






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡