コルサコフ症候群

出典: meddic

Korsakoff syndrome, Korsakov syndrome
Korsakoff症候群
コルサコフ精神病 Korsakoff精神病 Korsakoff's psychosis Korsakov psychosisコルサコフ症状群
健忘作話症候群 amnesia-confabulatory syndrome健忘症状群 amnestic syndrome

概念

頭文字をとって Dr.C...


病因

コルサコフ症候群

  • 英語なので、聞き取れなければ作話かどうかわかりません。

国試



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/03 10:42:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 短期記憶障害が残存するコルサコフ症候群患者の単身生活に向けた退院支援--地域支援者と病院の多職種連携によるアプローチ (魅力ある職場をめざして--看護の力を語り伝えよう) -- (精神看護)
  • 松井 廉,古川 房予
  • 沖縄県看護研究学会集録 26, 30-33, 2011-01-16
  • NAID 40018711615
  • アルコール・薬物関連障害の薬物療法 (AYUMI アルコール・薬物関連障害)
  • 森川 すいめい,樋口 進
  • 医学のあゆみ 233(12), 1149-1153, 2010-06-19
  • NAID 40017136433
  • 後遺症を抱えながら復職に成功したウェルニッケ - コルサコフ症候群の一例
  • 副田 秀二
  • 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 51(4), 43-45, 2009-07-20
  • NAID 10025985537

関連リンク

ウェルニッケ・コルサコフ症候群 » ビタミンB1(チアミン)の不足によっておこるウェルニッケ脳症とその後遺症であるコルサコフ症候群のこと。 ... ウェルニッケ・コルサコフ症候群 (うぇるにっけ・こるさこふしょうこうぐん ...
独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター ... 情報ボックス アルコール 2. 飲酒と健康問題 ウェルニッケ・コルサコフ症候群 この言葉を初めてお聞きになる方もいるかもしれませんが、アルコール依存症者にしばしば発症する ...
【ベストアンサー】ウェルニッケ・コルサコフ症候群は健忘症の中でも稀なタイプで、アルコール依存者や栄養不良の人に起こります。この症候群は、急性の錯乱状態(ウェルニッケ脳症)と ...

関連画像

コルサコフ症候群 ・ Korsakoff's 03071103072コルサコフ症候群(慢性期 コルサコフ症候群は酒の


★リンクテーブル★
リンク元ビタミン」「アルコール」「ビタミンB1」「ウェルニッケ脳症」「乳頭体
拡張検索ウェルニッケ・コルサコフ症候群」「ウェルニッケ-コルサコフ症候群
関連記事症候群」「」「症候

ビタミン」

  [★]

vitamin


  • ビタミン、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称 wiki

ビタミン

性状 ビタミン名 化合物名 機能 補酵素名 欠乏症 過剰症
  アミノ酸代謝 補酵素前駆体
水溶性ビタミン ビタミンB1 チアミン 糖代謝   チアミン二リン酸 脚気
(多発性神経炎、脚気心による動悸・息切れ)
ウェルニッケ脳症
コルサコフ症候群
 
ビタミンB2 リボフラビン 酸化還元反応 アミノ酸オキシダーゼ フラビンアデニンジヌクレオチド 口角炎、舌炎、結膜炎、角膜炎、脂漏性皮膚炎  
ビタミンB6 ピリドキシン 転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 多くのアミノ酸 ピリドキサルリン酸 末梢神経障害(INHの副作用)  
ビタミンB12 シアノコバラミン C1転移 メチオニン分岐アミノ酸 コバルト補酵素 巨赤芽球性貧血  
ビタミンC アスコルビン酸 抗酸化     壊血病
易出血性、骨・筋の脆弱化
 
ビタミンB5 パントテン酸 CoAの骨格          
ビタミンB9 葉酸 C1転移 グリシンセリン   巨赤芽球性貧血  
ビタミンB3 ナイアシン
ニコチン酸
酸化還元反応   ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド ペラグラ
(1)光過敏性皮膚炎、(2)下痢、(3)認知症
 
ビタミンB7 ビオチン 炭素固定反応   ビオチン酵素 脂漏性皮膚炎鱗屑状皮膚炎  
脂溶性ビタミン ビタミンA レチノイド 転写因子、視覚       夜盲症
眼球乾燥症角膜軟化症(Bitot斑)・毛孔性角化症
脳圧亢進、四肢疼痛性腫脹、肝性皮膚落屑、悪心・嘔吐、食欲不振、催奇形性
ビタミンD コレカルシフェロール骨形成       くる病骨軟化症
腎臓・血管壁への石灰沈着、多尿、↑尿Ca、高Ca血症、高P血症
ビタミンE トコフェロール 抗酸化       未熟児の溶血性貧血  
ビタミンK フィロキノンメナキノン血液凝固因子オステオカルシンの成熟     出血傾向 溶血、核黄疸

ビタミンと欠乏症、過剰症

アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連
  • 振戦譫妄
  • アルコール幻覚症
  • コルサコフ症候群
  • アルコール痴呆
  • アルコールてんかん

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

  • 21世紀における国民健康づくり運動の目標値では節度ある適度な飲酒とは1日平均純アルコールで20g程度としている。 → ビール(5%) 400ml、日本酒(15%) 133.3ml
  • 脳卒中治療ガイドライン2009ではクモ膜下出血の発症予防には過度の飲酒(1週間に150g以上)を避けることが推奨されている。

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


ビタミンB1」

  [★]

vitamine B1
チアミン thiamine塩酸チアミン thiamine hydrochlorideビタミンB1塩酸塩アノイリン aneurine
アミグランドパレセーフビーフリード
ビタミンチアミン二リン酸 thiamine pyrophosphate チアミンピロリン酸 TPP


  • 水溶性ビタミン

機能

  • 補酵素
  • 2. TCA回路の反応

臨床関連


ウェルニッケ脳症」

  [★]

Wernicke's encephalopathy, Wernicke encephalopathy
Wernicke脳症急性出血性上部灰白脳炎 polio-encephalitis haemorrhagica superior acuta
ウェルニッケ症候群ウェルニッケ病


病因

病理

症状

  • 眼球運動障害:両側外転神経麻痺、両側方注視麻痺、上方注視麻痺、両側内転障害。眼振。
  • コルサコフ症候群:記銘障害、作話、空間と時間に対する失見当識

検査

  • MRI
  • FLAIR
乳頭体第三脳室中脳水道第四脳室周囲の灰白質に病変部位が認められる。


国試


乳頭体」

  [★]

mammillary body (KH)
corpus mamillare
大脳辺縁系

臨床関連

  • コルサコフ症候群:両側の乳頭体の障害


ウェルニッケ・コルサコフ症候群」

  [★]

Wernicke-Korsakoff syndrome
ウェルニッケ・コルサコフ脳症 Wernicke-Korsakov encephalopathy、ウェルニッケ・コルサコフ病 [[[Wernicke-Korsakoff disease]]
ウェルニッケ脳症ビタミンB1コルサコフ症候群



ウェルニッケ-コルサコフ症候群」

  [★] ウェルニッケ・コルサコフ症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡