コリン作動性効果

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

1.コリン作動性神経のシナプス伝達機構 副交感神経系は節前線維、節後線維共にコリン作動性神経であり、アセチルコリン(ACh)を伝達物質として遊離する。 ACh が伝達物質として働く部位 表3.4(p.58, 63) ・ 副交感神経節 ...
自律神経の分類 Daleが自律神経系をアドレナリ作動系統とコリン作動系統に分類することを提唱した。 従来の交感神経系統と副交感神経系統に分ける方法は単に解剖的根拠に基づくもの。

関連画像

過活動膀胱の薬 頻尿は専門医 残念ながらこれまでに四環系  コリン作動性神経のACh 量をコリンエステラーゼ(青三角


★リンクテーブル★
関連記事リン」「コリン」「作動

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡