コリン作動性クリーゼ

出典: meddic

cholinergic crisis
cholinergic crisis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2. ウブレチドによるコリン作動性クリーゼの一例(第53回日本泌尿器科学会群馬地方会演題抄録<セッションI>臨床症例)
  • 古谷 洋介,黒川 公平,清水 雄至
  • The Kitakanto medical journal 60(1), 75-75, 2010-02-01
  • NAID 120002139483
  • コリン作動性クリーゼのリスク回避指標の探索
  • 刈米 和子,島谷 佳見,栗原 利和 [他]
  • 臨床病理 58(10), 972-978, 2010-10
  • NAID 40017372005

関連リンク

ようこそ!! ナオルコム へ シッカリ食べて ・・・ バリバリ働き ・・・ グッスリ休んで ... 自律神経 自律神経系 自律神経系の中枢 自律神経系の最高中枢は大脳につつまれた間脳の視床下部にある。 a,b,cと命名 ...
今回のプレアボイド広場では,臭化ジスチグミンによる「コリン作動性副作用」をキーワードに取り上げました。臭化ジスチグミンは可逆的・持続的にコリンエステラーゼ(以下,ChE)を阻害しますので,重症筋無力症や手術後
2010年3月2日 各 位 薬剤部/薬品情報室(DI室) DI・BOX#0410 「ウブレチド錠5mg」のコリン作動性クリーゼについて 重症筋無力症・排尿障害治療剤剤「ウブレチド錠5mg」(鳥居)は、「手術後及び神経

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ジスチグミン
関連記事リン」「コリン」「作動」「コリン作動性」「

ジスチグミン」

  [★]

distigmine
臭化ジスチグミン distigmine bromide
distigmini bromidum
ウブレチドウブテック
抗コリンエステラーゼ薬ネオスチグミン


適応

  • 経口:重症筋無力症、手術後および神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難
  • 点眼剤:緑内障、や調節性内斜視

禁忌

  • 消化管・尿路の器質的閉塞、迷走神経緊張症、脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム)を投与中の患者

副作用


-臭化ジスチグミン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行

コリン作動性」

  [★]

cholinergic
コリン作用性コリン作動薬


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡