コラーゲン大腸炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 ランソプラゾールによるcollagenous colitisの2例
  • 田島 千紗子,疋田 高裕,山岡 肇 [他]
  • 高知医療センター医学雑誌 3(2), 19-23, 2009-12-00
  • NAID 40017134927

関連リンク

コラーゲン蓄積大腸炎とリンパ球性大腸炎は慢性疾患で、水様性下痢を特徴とし、ある種の白血球が大腸粘膜に浸潤する状態です。 これらの慢性疾患は、S状結腸や直腸を含む大腸全体に影響を及ぼしますが、しばしば斑状に分布します。
コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎 コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎は慢性疾患で、ある種の白血球が大腸粘膜に浸潤し、水様性下痢を起こす状態です。 これらの慢性疾患は、S状結腸や直腸を含む大腸全体に影響を ...
コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎とは、ある種の白血球が大腸粘膜を浸透し、水様性の下痢が起こる慢性疾患。 S状結腸や直腸を含む大腸全体に影響を及ぼすが、斑状に分布することもある。 腸の内側の膜が、コラーゲン組織が ...

関連画像

図1 繊維芽細胞の細胞接着部位 関連する検査項目左側(普通円虫による腹大動脈 collagenous_colitis


★リンクテーブル★
関連記事大腸」「コラーゲン」「腸炎」「」「大腸炎

大腸」

  [★]

large intestine (Z)
intestinum crassum


小腸と比べたときの大腸の特徴 (M.149)

  1. 結腸ヒモという縦走筋繊維からなる3本の太い帯を有する
  2. 結腸膨起という結腸ヒモの間の膨らみを有する
  3. 腹膜垂という脂肪の塊を含む
  4. 内径は小腸よりも大きい

大腸を構成する部位

  1. 盲腸
  2. 結腸(上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸)
  3. 直腸
  4. (虫垂)

生理

 1)膨起性往復運動 haustralshuttling movement
 2)(単一)膨起性移送運動 segmentalhaustralpropulsion
 3)多膨起性移送運動 multihaustralpropulsion
  1) 2)により内容物のゆっくりした移動(5cm/hr)
   → 48hrで上行結腸よりS状結腸へ
 4)総蠕動mass movement(mass peristalsis,maSS PrePulsion)
    1-3回/日、強い蠕動→結腸内容物が直腸へ移動(→排便誘発)
 5)収縮回数:直腸 > S状結腸 のため内容物はS状結腸へ移動
   (通常は、直腸に内容物(-))
 6)胃大腸反射 gastro-colonic reflex
  小腸大腸反射 ileo-colonic reflex:胃、小腸に内容物-→結腸に総蠕動(+)

*排便
1)解剖
①内肛門括約筋internalanal
②外肛門括約筋externalanal
sphincter---平滑筋
sphincter山-一横紋筋

2)排便のメカニズム
i)総蠕動一糞便直腸へ
ii)直腸内圧〉20Ⅷ舶g ⇒ 直腸壁伸展⇒ 仙髄排便中枢(S2-4)
  ⇒  ①高位中枢(便奇形成)
      ②排便反射defecation reflex
           内肛門筋弛緩
           外肛門筋収縮(一過性)
          直腸蠕動運動(⇒内圧をさらに高める)
iii) 内圧45-55mmHg以上
    内容物200ml以上
    便意による排便動作 外肛門筋弛緩
               腹筋、横隔膜収縮



コラーゲン」

  [★]

collagen
膠原
  • first aid step1 2006 p.85,86,114,288,291,292,301,306,319,321,385,427

遺伝子

  • COL1A1 17q22
  • COL1A2 7q22.1
  • COL2A1 12q13
  • COL11A2 6p21.3
これらの遺伝子の変異による結合組織疾患はdominant negative mutationである。

臨床関連

コラーゲンの種類

  • HIS.97 NDE.5
  場所
I型コラーゲン 狭義の結合組織象牙質セメント質に存在
II型コラーゲン 硝子軟骨弾性軟骨
III型コラーゲン 細網線維
IV型コラーゲン 基底板の緻密板を作る
V型コラーゲン I型コラーゲンと関連。胎盤に存在
VII型コラーゲン 基底板細網線維に付着。anchoring fibril
XVII型コラーゲン ヘミデスモソーム基底板を連結

生合成



腸炎」

  [★]

enteritis
小腸結腸炎 enterocolitis、腸カタル intestinal catarrh
gastroenteritis



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


大腸炎」

  [★]

colitis
結腸炎直腸結腸炎出血性大腸炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡