コブラ毒因子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マウスのClostridium chauvoei実験感染に対するコブラ毒因子の影響
  • 田村 豊,木島 まゆみ,鈴木 祥子,高橋 敏雄,中村 政幸
  • The journal of veterinary medical science 54(5), 1049-1050, 1992-10-15
  • … マウスのClostridium chauvoei感染における自然抵抗性機構を明らかにするため, コブラ毒因子を投与したマウスでの攻撃菌の推移を観察した. … コブラ毒因子はマウスの末梢血白血球数に影響を与えず, 補体第三成分を23.7%に低減させた. …
  • NAID 110003915706
  • Effect of Cobra Venom Factor on Experimental Infection of Mice against Clostridium chauvoei.
  • 田村 豊,木島 まゆみ,鈴木 祥子,高橋 敏雄,中村 政幸
  • Journal of Veterinary Medical Science 54(5), 1049-1050, 1992
  • … マウスのClostridium chauvoei感染における自然抵抗性機構を明らかにするため, コブラ毒因子を投与したマウスでの攻撃菌の推移を観察した. … コブラ毒因子はマウスの末梢血白血球数に影響を与えず, 補体第三成分を23.7%に低減させた. …
  • NAID 130003426224
  • コブラ毒因子処理マウスの補体消耗状態およびそれに伴なう感染抵抗力低下に対するNα-(N-acetylmuramyl-L-alanyl-D-isoglutamine)-Nε-stearoyl-L-lysineの修復効果
  • 奥田 俊郎 [他]
  • 感染症学雑誌 60(3), p204-209, 1986-03
  • NAID 40000566436

関連リンク

コブラの抗補体タンパク質と呼ばれることもCVFは、、コブラ毒の主要な抗補体成分です。前世紀の初めに、フレクスナーと野口は、コブラ毒はanticomplmentationの機能を有することを見出したと1960年代に、ネルソンとミュラーはCVFsは ...
技術に関する情報を探すならアスタミューゼ。こちらはコブラ毒因子様機能を有するヒト補体C3誘導体(公開番号 特開502323号)の詳細情報です。関連企業や人物を把握すると共に解決しようとする課題や解決手段等を掲載しています。

関連画像

外国人「ポケモンの能力みたい


★リンクテーブル★
関連記事ブラ」「コブラ」「」「因子

ブラ」

  [★]

bulla, pulmonary bulla
気腫性嚢胞 emphysematous bulla
ブレブ
  • 図:SPU.135
  • ブラ bulla 気腫性嚢胞 肺胞が破壊されてできた肺実質内の気腔
  • 肺胞壁の破壊、融合、拡張により生じた気腫 ただし胸膜の弾性板の内側に留まっている



コブラ」

  [★]

cobra
コブラ科コブラ属マンバサンゴヘビインドコブラエジプトコブラ


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡