コハク酸クロラムフェニコールナトリウム

出典: meddic

chloramphenicol sodium succinate
クロラムフェニコールクロロマイセチン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 48 抗生物質の体内分布に関する研究 : VI. コハク酸クロラムフェニコールナトリウム(CP)、酒石酸ロイコマイシン(LM)の鶏体内における分布と消長について
  • 畦地 速見,二宮 幾代治,米沢 昭一,鈴木 勝夫,川島 秀雄
  • 日本獸醫學雜誌 25(supple), 524, 1963-12-25
  • NAID 110003984794
  • 146 抗生物質の体内分布に関する研究 :III.コハク酸クロラムフェニコールナトリウム(Cp)及びコハク酸ロイコマイシン(L)の山羊体内における分布と消長について
  • 二宮 幾代治,佐藤 修司,田中 義一郎,川島 秀雄
  • 日本獸醫學雜誌 22(supple), 454, 1960-12-25
  • NAID 110003977553

関連リンク

[一般名]コハク酸クロラムフェニコールナトリウム 注射用コハク酸クロラムフェニコールナトリウム(日抗基) [薬品名] クロロマイセチンサクシネ-ト CHLOROMYCETIN SUCCINATE コハクサンクロラムフエニコ-ルナトリウム CHLORAMPHENICOL SODIUM 製:三共 ...
適応症_削除_一覧(注射) 眼科感染症 結膜炎 コハク酸クロラムフェニコールナトリウム 眼瞼炎 硫酸ベカナマイシン 麦粒腫 アンピシリンナトリウム セファゾリンナトリウム(水和物を含む) セファロチンナトリウム 硫酸ベカナマイシン


★リンクテーブル★
先読みクロロマイセチン
リンク元クロラムフェニコール」「chloramphenicol sodium succinate
関連記事ナトリウム」「トリウム」「コハク酸」「」「ラム

クロロマイセチン」

  [★] クロラムフェニコール


クロラムフェニコール」

  [★]

chloramphenicol, CP
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
クロロマイセチンサクシネートクロロマイセチン Chloromycetin、(クロラムフェニコールコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)オフサロンコリマイコリナコール。(クロラムフェニコールフラジオマイシンプレドニゾロン)クロマイハイセチンPハイセチン
抗菌薬化膿性疾患用剤


特徴

  • a broad-spectrum bacteriostatic agent ← クロラムフェニコールテトラサイクリン
  • 50SリボソームのA siteに結合してpeptide bond formationを妨げる。
  • 静菌的に作用する。
  • 毒性が強いので、激しい感染症のケース、または局所薬として用いられる。

作用機序

  • リボソームの50Sサブユニットに作用
  • inhibits 50S peptidyltransferase

適応

  • 副作用のためUSでの使用は稀
  • meningitis (Haemophilus influenzae, Neisseria meningitidis, Streptococcus pneumoniae).

禁忌

肝機能や腎機能が未熟なため

副作用

  • 稀であるが、以下のものがある



chloramphenicol sodium succinate」

  [★]

  • コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
chloramphenicolchloramphenicol palmitateChloromycetin

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

コハク酸」

  [★]

succinate, succinic acid
クエン酸回路
  • HOOC-CH2-CH2-COOH
  • クエン酸回路中間体

TCA回路

スクシニルCoA + GDP + Pi + H2O → コハク酸 + GTP + HS-CoA


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡