コクサッキーウイルス・アデノウイルス受容体

出典: meddic

coxsackievirus and adenovirus receptorcoxsackie and adenovirus receptorCAR
アンドロスタン受容体コクサッキーウイルス・アデノウイルスレセプター

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

アデノウイルスは、細胞の中に入るとepichromosomalに残ります。最近では、組換え アデノウイルスはRNAiを細胞に運ぶツールとしても用いられています。アデノウイルス 摂取のステップは、コクサッキーウイルス-アデノウイルスレセプター(CAR)によって媒介  ...
アデノウイルスは、ほぼすべての哺乳類の細胞タイプを一過性に形質導入できるDNA ウイルスです。 アデノウイルスは、コクサッキーウイルス受容体(CAR)と結合すること により、ターゲット細胞に入り込みます。 CARと結合した後、アデノウイルスは インテグリン ...


★リンクテーブル★
リンク元coxsackievirus and adenovirus receptor」「アンドロスタン受容体」「coxsackie and adenovirus receptor」「コクサッキーウイルス・アデノウイルスレセプター
関連記事受容体」「アデノウイルス」「ウイルス」「コクサッキーウイルス」「受容

coxsackievirus and adenovirus receptor」

  [★]

CARcoxsackie and adenovirus receptor


アンドロスタン受容体」

  [★]

constitutive androstane receptorCAR
コクサッキーウイルス・アデノウイルス受容体アンドロスタンレセプター


coxsackie and adenovirus receptor」

  [★]

  • コクサッキーウイルス・アデノウイルス受容体
CARcoxsackievirus and adenovirus receptor

コクサッキーウイルス・アデノウイルスレセプター」

  [★]

coxsackievirus and adenovirus receptor
コクサッキーウイルス・アデノウイルス受容体

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

アデノウイルス」

  [★]

adenovirus
ヒトアデノウイルス human adenovirus
ウイルス
  • 小児の急性気道感染症の5%(成人の場合1%以下)

分類

ワクチンを作りきれない

性状

  • 2本鎖DNAウイルス
  • エンベロープなし
有機溶媒に耐性 → (だけど、アルコール製剤は有効らしい。消毒薬)
  • pH3~9では比較的安定で不活化されにくい→腸管にも達する
  • 熱に対して不安定で、60℃20~30分の加熱で不活化
  • 呼吸器、結膜、腸管に親和性があり
  • 血清型は52型あり、各血清型はウイルスDNAの相同性からA~Fの6亜属に分類され、各亜属の組織親和性と関係する疾患は少しずつ異なる。
  • 潜伏部位はアデノイド、扁桃腺、腎臓、リンパ球など

潜伏期

  • 5-12日
  • 5-6日 (SMB.534)

感染経路

  • 飛沫感染、接触感染 → 上気道、目の粘膜

症状

アデノウイルス感染症

  • 1.急性熱性咽頭炎
  • 2.咽頭結膜熱(PCF):プール熱
  • 3. 急性気道疾患
扁桃腺炎、上気道炎にともなうクループ
  • 4. アデノウイルスは胃炎
  • 5.急性濾胞性結膜炎
  • 6.流行性角結膜炎(EKC)
  • 7. 小児腸重積症
  • 8.出血性膀胱炎
  • 9.乳児性急性胃腸炎

消毒




ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




コクサッキーウイルス」

  [★]

Coxsackie virus
ウイルス

感染症 (SMB.439)

顕性

  • 不顕性感染となるのはポリオと同程度であって、99%らしい (SMB.438)



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡