ゲートコントロール説

出典: meddic


和文文献

  • 実地医家のための痛みの基礎医学
  • 伊吹 京秀
  • The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌 19(2), 71-80, 2012-06-25
  • 近年医学研究の進歩はめざましく,痛みの研究については,米国議会の決議した1990年からのThe Decade of the Brainや2001年からのDecade of Pain Control and Researchキャンペーンにより,新たな知見が集積されてきた.しかし残念ながら,難治性の痛みの画期的な治療を生み出すには至っていない.その実現には,われわれ実地医家も基礎にある科学的知識を習得 …
  • NAID 10030781647
  • 文献に見る産痛緩和法のエビデンス (特集 安楽なお産へと導く手技とポイント 産痛緩和法を極める)
  • 神保 正利
  • ペリネイタルケア 29(6), 543-547, 2010-06-00
  • NAID 40017111796

関連リンク

ゲート・コントロール説とあわない事実 C線維に電気刺激を加えると陰性後根電位が発生する。 細い線維は刺激がないときも自発性のインパルスを送るか? 太い線維は膠様質に興奮性入力を送るか? 細い線維は膠様質に抑制性入力を ...
ゲートコントロール説は唯一の痛みの防御機構ではありません。 他にも脳内のホルモンや、神経伝達物質によって痛みが軽くなることが知られています。 ただ人体に備わったそれらの痛みの抑制機構に、なんらかの形で心の状態が ...
Gate control theory とは,Patrick D. Wall と Ronald Melzack が1965年に提唱した 疼痛抑制に関する理論 です (Melzack and Wall, Science. 1965) 。当時,傷の周りの皮膚をなでると痛みが和らぐことや,脊髄後索の電気刺激に除痛効果が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事トコン」「ゲート

トコン」

  [★]

ipecac, ipecacuanha root
ipecacuanhae radix
吐根
トコンシロップドーフル



ゲート」

  [★]

gate
関門




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡