ゲルゾリン

出典: meddic

gelsolin
ゲルソリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2P-119 ゲルゾリンC末端部位を使った細胞質アクチンのアフィニティ精製(分子モーター,第47回日本生物物理学会年会)
  • Ohki Takashi,Oyama Kotaro,Ishiwata Shin'ichi
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S125, 2009-09-20
  • NAID 110008101695
  • 1P-157 ゲルゾリンC末端部位を用いたアクチン精製法(分子モーター(1),第46回日本生物物理学会年会)
  • Ohki Takashi,Oyama Koutarou,Ishiwata Shin'ichi
  • 生物物理 48(SUPPLEMENT_1), S45, 2008-10-25
  • NAID 110007013320
  • 2B1515 カルシウム非感受性ゲルゾリン断片による細いフィラメントの状態検出(10.筋肉(筋蛋白・収縮),一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
  • 鈴木 団,佐々木 大輔,石渡 信一
  • 生物物理 42(SUPPLEMENT_2), S101, 2002-10-10
  • NAID 110007132694

関連リンク

ゲルゾリンはアクチン繊維を切断し、その+末端に留まりその後のアクチン重合を阻害(キャップ)したり、G-アクチンの重合の際にはアクチンの「核」を安定化させる作用を持つ。ゲルゾリンは広く哺乳動物に存在し、Caや ...
背景・目的 アクチン調節タンパク質ゲルゾリンは、重合核形成によるアクチン線維伸長の促進(Nucleating)、アクチン線維の切断(Severing)、およびその末端の保護(Capping)という、3つのアクチン重合調節機能を持つ。ゲルソリンは ...
【0022】 いくつかの実施形態において、本発明のゲルゾリン結合剤(例えば抗ゲルゾリン抗体または抗ゲルゾリン様抗体)は、ゲルゾリンの活性形態または未結合形態を検出する。理論によって限定されることは意図しないが、遊離 ...

関連画像

ゲルゾリン結合剤組成物および 0081 ヒト 血漿 ゲル ゾ リン seq ゾ リン レベル は 炎症 性 疾患 図1 アクチンの重合・脱重合図2。ラディシコールのがん 細胞骨格の調節: GEL ドメイン


★リンクテーブル★
関連記事リン」「ゲル

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ゲル」

  [★]

gel
ゾル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡