ゲルストマン症候群

出典: meddic

Gerstmann's syndrome, Gerstmann syndrome
Gerstmann症候群頭頂葉症候群 parietal lobe syndrome
角回症候群優位半球

概念

  • 優位半球、頭頂葉・後頭葉病変(角回領域)による症状

ゲルストマン症候群の4症状

右左 きで 失算


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/15 01:47:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ゲルストマン症候群を心的イメージの操作障害と捉えた作業療法
  • 山田 裕子,外里 冨佐江,酒井 保治郎
  • 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association 29(3), 352-362, 2010-06-15
  • NAID 10026407503
  • 発達性ゲルストマン症候群児童に対する算数指導
  • 川合 紀宗,生柄 陽子
  • 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (8), 21-31, 2010-03
  • NAID 40017004618
  • バリント症候群,ゲルストマン症候群とその評価法 (特集 認知症の診療に役立つ神経心理学)
  • 高屋 雅彦,数井 裕光,武田 雅俊
  • 老年精神医学雑誌 20(10), 1128-1132, 2009-10
  • NAID 40016828454

関連リンク

ゲルストマン症候群 ゲルストマン症候群について 1. 定義 ゲルストマン症候群とは、失認症の両側性失認に分類される。手指失認、左右失認、失書、失算の4つの症状を併せ持つ症候群である。 この4つの症候をもつものが典型的である ...
世界大百科事典 第2版 ゲルストマン症候群の用語解説 - ... ... ゲルストマン症候群 Tweet 世界大百科事典内のゲルストマン症候群の言及 【失認】より …触覚失認は表在感覚にも深部感覚にも障害がないのに,触覚で対象を認識できない ...
T905 頭蓋内損傷(脳損傷)の後遺症 ゲルストマン症候群 失算、失書、左右障害、手指失認の4症状を示す場合を、ゲルストマン症候群と呼ばれています。1999年になり、メイヤーと言う学者が、頭のなかでイメージを回転して操作する ...

関連画像

http://www.ai-hosp.or.jp/sinryouka/center http://jnnp.bmj.com/content/63/3/399/F1 http://www.research12.jp/d_archive/co


★リンクテーブル★
リンク元優位半球」「角回動脈」「頭頂葉症候群」「角回症候群」「Gerstmann症候群
関連記事症候群」「」「症候」「ゲル

優位半球」

  [★]

dominant hemisphere
劣位半球

概念

  • 利き手と反対側の大脳半球を指す。
  • 右利き:優位半球は左半球
  • 左利き:優位半球は右半球

疾患との関係

  • 例えば、100F049で、右利きでかつ優位半球が左とすれば、左半球の脳梗塞により失語を呈するのも不思議ではない。

臨床関連

  • ゲルストマン症候群:優位半球の頭頂葉・後頭葉病変(とくに角回領域)の障害による。



角回動脈」

  [★]

angular artery, artery of angular gyrus
arteria gyri angularis
中大脳動脈

解剖

  • 中大脳静脈の最終分枝の一つ

由来

走行

  • 上側頭溝

分布

臨床関連


頭頂葉症候群」

  [★]

parietal lobe syndrome
ゲルストマン症候群頭頂葉


角回症候群」

  [★]

angular gyrus syndrome
角回ゲルストマン症候群



Gerstmann症候群」

  [★] ゲルストマン症候群

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候


ゲル」

  [★]

gel
ゾル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡