ゲル

出典: meddic

gel
ゾル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/06 18:18:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 戦時下の東京と、五〇年代戦後(アプレ・ゲール)のパリ。 (特集 戦後七十年 ヤミ市を歩く。 : 復興はここから、見上げた空は青かった)
  • 芳賀 徹,野見山 暁治,林 洋子
  • 東京人 30(11), 92-101, 2015-09
  • NAID 40020551913
  • 連作(3)雪ト逃ゲル(後篇)
  • 世界一のアジア研究者が証言 これから30年、日本はもっと強くなる (一流の人は知っている 儲かる歴史学入門!)
  • ヴォーゲル エズラ,朝比奈 一郎
  • プレジデント = President 53(24), 20-23, 2015-08-31
  • NAID 40020552380

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • サスペンジョンタイプ消化性潰瘍・胃炎治療剤

販売名

マグテクト配合内服液分包

組成

 成分・含量 1包(10mL)中

  • 水酸化アルミニウムゲル 5.6g
     (酸化アルミニウムとして0.224g含有)
    水酸化マグネシウム 0.4g

 添加物

  • サッカリンNa,D-ソルビトール,パラオキシ安息香酸メチル,パラオキシ安息香酸プロピル,香料,エタノール,塩酸

禁忌

  • 透析療法を受けている患者[長期投与によりアルミニウム脳症,アルミニウム骨症,貧血等があらわれることがある。]

効能または効果

 下記疾患における制酸作用と症状の改善

  • 胃・十二指腸潰瘍,胃炎,上部消化管機能異常
  • 通常成人1日20〜45mLを数回に分割経口投与する。
    なお,年齢・症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者[高マグネシウム血症,長期投与によりアルミニウム脳症,アルミニウム骨症,貧血等があらわれるおそれがあるので,定期的に血中マグネシウム,アルミニウム,リン,カルシウム,アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。]
  • 心機能障害のある患者[マグネシウムは,心機能を抑制する作用がある。]
  • 下痢のある患者[水酸化マグネシウムの緩下作用により,下痢を促進するおそれがある。]
  • 高マグネシウム血症の患者[血中マグネシウム濃度を上昇させるおそれがある。]
  • リン酸塩低下のある患者[アルミニウムは無機リンの吸収を阻害する。]

薬効薬理

 薬力学的試験による生物学的同等性試験

 幽門結紮潰瘍抑制効果

  • SD系ラットを用いて,試験製剤と標準製剤(液剤)を幽門部結紮後に絶食単回経口投与して18時間後の幽門結紮潰瘍抑制効果を比較検討した結果,両剤はコントロール群及びプラセボ投与群に対して有意な抑制効果を示した。また,両剤間の効果に有意差は認められず,両剤の生物学的同等性が確認された。1)

 水浸拘束ストレス潰瘍抑制効果

  • SD系ラットを用いて,試験製剤と標準製剤(液剤)を絶食単回経口投与して23℃,5時間の水浸拘束ストレス潰瘍抑制効果を比較検討した結果,両剤はコントロール群及びプラセボ投与群に対して有意な抑制効果を示した。また,両剤間の効果に有意差は認められず,両剤の生物学的同等性が確認された。1)

 インドメタシン潰瘍抑制効果

  • SD系ラットを用いて,試験製剤と標準製剤(液剤)を絶食単回経口投与してインドメタシン潰瘍抑制効果を比較検討した結果,両剤はコントロール群及びプラセボ投与群に対して有意な抑制効果を示した。また,両剤間の効果に有意差は認められず,両剤の生物学的同等性が確認された。1)

 エタノール潰瘍抑制効果

  • SD系ラットを用いて,試験製剤と標準製剤(液剤)を絶食単回経口投与してエタノール潰瘍抑制効果を比較検討した結果,両剤はコントロール群及びプラセボ投与群に対して有意な抑制効果を示した。また,両剤間の効果に有意差は認められず,両剤の生物学的同等性が確認された。1)

有効成分に関する理化学的知見

 水酸化アルミニウムゲル

 一般名:

  • 水酸化アルミニウムゲル (Aluminum Hydroxide Gel)

 分子式:

  • Al(OH)3・nH2O

 性状:

  • 白色粘性の懸濁液で,静置するとき,上層に少量の水を分離するが,振り混ぜれば,懸濁液にもどる。

 水酸化マグネシウム

 一般名:

  • 水酸化マグネシウム(Magnesium Hydroxide)

 分子式:

  • Mg(OH)2

 分子量:

  • 58.32

 性状:

  • 白色の粉末で,においはない。
    水又はエタノールにほとんど溶けない。
    本品は希塩酸に溶ける。


★リンクテーブル★
先読みgel」「ゾル
リンク元ゲル層
拡張検索ランゲルハンス細胞肉芽腫症」「シュヴァイゲル・ザイデル鞘」「クーゲルベルク・ヴェランダー病

gel」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a colloid in a more solid form than a sol」
colloidal gel

WordNet   license wordnet

「become a gel; "The solid, when heated, gelled"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ゲル(コロイド溶液の凝固した状態;ゼラチン・寒天など) / =jell」


ゾル」

  [★]

sol
コロイド溶液 colloidal solution
ポリメチルメタクリレート polymethyl methacrylateコロイド


ゲル層」

  [★]

gel layer, layer of gel
ゲル


ランゲルハンス細胞肉芽腫症」

  [★]

Langerhans-cell granulomatosisLangerhans' cell granulomatosis
組織球症Xレッテラー・シーベ病ランゲルハンス細胞性組織球症

シュヴァイゲル・ザイデル鞘」

  [★] シュワイゲル・ザイデル鞘


クーゲルベルク・ヴェランダー病」

  [★] 脊髄性筋萎縮症3型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡