ケーテー末2号

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

多細胞生物が現れたベンド紀(エディアカラ紀)以降、5度の大量絶滅(オルドビス紀末、 デボン紀末、ペルム紀末(P-T境界)、三畳紀末、白亜期末(K-T境界))と、それよりは 若干規模の小さい絶滅が数度あったとされる。大量絶滅の原因については、K-T境界の ...
この説が登場すると衝突跡を探す研究者が増えた。1990年代初頭にアリゾナ大学の 大学院生であったアラン・ラッセル・ヒルデブランド(Alan Russell Hildebrand、1955年 -、2013年2月現在カルガリー大学准教授)がハイチの山地で、K-T層に含まれ惑星衝突 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

号」

  [★]

issue
課題出版問題発行物問題点




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡