グレリン

出典: meddic

ghrelin
食欲亢進ペプチド



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/19 21:34:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 離乳前後の子牛におけるグレリンとGLP-1の分泌と作用について
  • 福森 理加,三田 貴子,杉野 利久,長谷川 喜久,児島 将康,寒川 賢治,小櫃 剛人,谷口 幸三
  • 栄養生理研究会報 55(2), 127-128, 2011-10-12
  • NAID 10029794746
  • 茨城県における黒毛和種の遺伝子多型と産肉性との関連
  • 垪和 靖俊,藤森 祐紀,小松 正憲 [他]
  • 茨城県畜産センター研究報告 (44), 32-35, 2011-10
  • NAID 40019052128

関連リンク

移動: 案内, 検索. グレリン (ghrelin) は、胃から産生されるペプチドホルモン。 ... 本稿は 、特に明記しない場合、ヒトのグレリンについて記載する。 ... オクタノイル修飾がつか ない不活性型グレリンをデスアシルグレリンと呼び、血中では大部分がこの型である。
グレリンは,わが国の研究者により新たな成長ホルモン分泌促進物質としてヒトと ... グレリンの空腹と成長ホルモン分泌に関する情報は,求心性迷走神経を介して脳へ伝 ... 臨床研究も,わが国ですでに始まっており,グレリンの持つ幅広い生理作用の解明や ...

関連画像

 ・ホルモン、グレリンの研究図1)グレリンの構造と特徴今日は、グレリンの グレリンの多彩な生理作用と この グレリン を発見した 寒川 を 担って います 現在 摂食


★リンクテーブル★
リンク元成長ホルモン」「ghrelin」「末梢性食欲亢進ペプチド
拡張検索グレリン受容体」「グレリンレセプター
関連記事リン」「レリ

成長ホルモン」

  [★]

growth hormone (Z), GH
同?
ソマトトロピン somatotropinソマトトロピックホルモン somatotropic hormone STH
成長ホルモン
ホルモン下垂体成長ホルモン組換え型成長ホルモン

基準値

  • 血清:M:0.4±0.1 ng/ml, F:3.2±0.4 ng/ml  → 性差(エストロゲンが分泌促進作用を持つため?生物学的意義は?)

分類

性状

  • ペプチド

産生組織

  • 好酸性細胞

標的組織

作用

SP.883
  • 1.IGF分泌促進
  • 2. 成長促進作用
  • 成長を促進:各組織における細胞分裂による増殖(細胞分裂、DNA,RNA,蛋白合成)と細胞の分化
  • 3. 中間代謝に対する作用
  • 3-1. タンパク同化作用
  • GH存在下でアミノ酸が組織に取り込まれ蛋白合成のために用いられる。内臓臓器、骨格筋、皮膚、および結合組織などほとんど全ての組織がGHに反応して肥大。
  • 3-2. 糖代謝
  • (抗インスリン作用->血糖上昇)筋肉、脂肪へのグルコース取り込みを減少させ、肝臓からのグルコース放出を増加させる。膵臓に作用しインスリン分泌を促進する。 ← GHは何がしたいの?
  • 3-3. 脂質代謝
  • (中性脂肪分解作用->血中遊離脂肪酸増加)中性脂肪を分解し、末梢血でFFAを増加させ、グルコースの代わりにエネルギー源として利用される。(おそらくFFA増加により)ケトン体が増加する。
  • 3-4. 電解質代謝
  • (骨形成に向かう反応。リン酸濃度上昇、カルシウム濃度上昇)近位尿細管でのリン酸の再吸収促進、腸からのカルシウム促進。Na,K,Cl濃度増加、細胞外液増加

分泌の調整

分泌刺激 分泌促進 分泌抑制
神経刺激 睡眠(StageIII&IV) REM睡眠
ストレス 愛情剥脱
α受容体刺激薬 α受容体拮抗薬
β受容体拮抗薬 β受容体刺激薬
ドパミン受容体作動薬  
アセチルコリン受容体作動薬 アセチルコリン受容体拮抗薬
代謝刺激 低血糖 高血糖
絶食、神経性食思不振症  
脂肪酸の低下 脂肪酸の増加
アミノ酸  
コントロール不良糖尿病 肥満
尿毒症  
肝硬変  
ホルモン GHRH  
IGF-I低値 IGF-I高値
エストロゲン 甲状腺機能低下症
グルカゴン グルココルチコイド高値
ADH(AVP)  

分子機構

臨床関連

  • 成長の遅れ:成長ホルモン分泌が低下している場合、3歳頃から身長の伸びが遅れる。

国試




ghrelin」

  [★] グレリン

WordNet   license wordnet

「a gastrointestinal hormone produced by epithelial cells lining the fundus of the stomach; appears to be a stimulant for appetite and feeding, but is also a strong stimulant of growth hormone secretion from the anterior pituitary」

末梢性食欲亢進ペプチド」

  [★]

peripheral orexigenic peptide
グレリン食欲亢進ペプチド


グレリン受容体」

  [★]

ghrelin receptor
グレリンレセプター

グレリンレセプター」

  [★]

ghrelin receptor
グレリン受容体

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





レリ」

  [★]

Leri
レリ徴候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡