グレイ

出典: meddic

gray Gy
吸収線量実効線量

定義

  • 電離放射線によって1kgの物質に与えられるエネルギーが1Jの時を1Gyとする
1 [Gy] = 1 [J/kg]






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/19 14:22:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 観測後ビット列の復号処理の違いによる整数型遺伝子の量子ビット表現法に関する探索性能分析
  • 飯村 伊智郎,森山 賀文,中山 茂
  • 情報処理学会論文誌 55(2), 1110-1115, 2014-02-15
  • … 復号処理の違いによる探索性能への影響を明らかにすべく,計算機実験を行った.実験の結果,QEAおよびQEAPSにIimuraらの整数型遺伝子表現法を用いる場合,観測後ビット列の復号処理として,観測後ビット列を正準グレイコードと見なして解釈するよりも純バイナリコードと見なして解釈する方がより適していることを明らかにした.さらに,観測後ビット列を純バイナリコードと見なして解釈する整数型遺伝子表現法は,従来の …
  • NAID 110009665026
  • 実世界データの空間連続性に基づくモデル駆動型P2Pネットワーク
  • 斉藤 裕樹,牛久保 辰典,戸辺 義人,鉄谷 信二
  • 情報処理学会論文誌 55(2), 1079-1088, 2014-02-15
  • … であるため,利用者が有効に利用することが難しい.情報の有用性を高めるためには,計測値に対して統計モデルや推計モデルなどを適用し有効な情報を抽出することが求められる.本論文では,物理的なセンシングレイヤを抽象化し,データの中間表現を行うモデル表現レイヤを提案し,統計モデルをもとにした空間連続データを管理できる機構を検討する.次に,膨大な実世界情報を扱うため,P2Pネットワーク上でモデル表現レ …
  • NAID 110009665020
  • 対談 死を意識しながら、全力で生きる ヒクソン・グレイシー×夢枕獏
  • グレイシー ヒクソン,夢枕 獏
  • 新潮45 33(1), 214-222, 2014-01
  • NAID 40019908133

関連リンク

グレイは、1940年に同様の概念の単位を使用したルイス・ハロルド・グレイ(英語版)( 1905年 - 1965年)を記念して1975年に定められた。ルイス・ハロルド・グレイは、「1 レントゲンの放射能によって単位体積の水中に生じるエネルギーに等しい量の エネルギーの ...
グレイ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. gray / grey. 色の名前。グレーとも。 → 灰色. GLAY. 日本のロックバンド。 → GLAY. Gray / gray. 収線量(物質が受けた放射線量)の単位。Gy。 → グレイ (単位) · グレイ符号。2進  ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 経口血糖降下剤

販売名

  • マーグレイド錠1.25mg

組成

有効成分 (1錠中)

  • グリベンクラミド 1.25mg

添加物

  • 乳糖水和物、アラビアゴム、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、インスリン依存型糖尿病 (若年型糖尿病、ブリットル型糖尿病等) の患者[インスリンの適用である。]
  • 重篤な肝機能障害又は腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンの適用である。]
  • 下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人 (「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分又はスルホンアミド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ボセンタン水和物を投与中の患者 (「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • インスリン非依存型糖尿病 (ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)
  • 通常、1日量グリベンクラミドとして1.25mg〜2.5mgを経口投与し、必要に応じ適宜増量して維持量を決定する。ただし、1日最高投与量は10mgとする。

投与方法は、原則として1回投与の場合は朝食前又は後、2回投与の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口投与する。

慎重投与

  • 肝機能障害又は腎機能障害のある患者
  • 次に掲げる低血糖を起こすおそれのある患者又は状態
  • 肝機能障害又は腎機能障害
  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
  • 栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態
  • 激しい筋肉運動
  • 過度のアルコール摂取者
  • 高齢者 (「高齢者への投与」の項参照)
  • 「相互作用」の併用注意の1) に示す血糖降下作用を増強するおそれのある薬剤との併用


重大な副作用

低血糖

(頻度不明)

  • 低血糖 (初期症状: 脱力感、高度の空腹感、発汗等) があらわれることがある。なお、徐々に進行する低血糖では、精神障害、意識障害等が主である場合があるので注意すること。

また、本剤の投与により低血糖症状 (脱力感、高度の空腹感、発汗、動悸、振戦、頭痛、知覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、意識障害、痙攣等) が認められた場合には通常はショ糖を投与し、α-グルコシダーゼ阻害剤 (アカルボース、ボグリボース等) との併用により低血糖症状が認められた場合にはブドウ糖を投与すること。
また、低血糖は投与中止後、臨床的にいったん回復したと思われる場合でも数日間は再発することがある。

無顆粒球症、溶血性貧血

(頻度不明)

  • 無顆粒球症、溶血性貧血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

肝炎、肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST (GOT)・ALT (GPT)・γ-GTPの上昇等を伴う肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • グリベンクラミド (Glibenclamide)

化学名:

  • 4-[2-(5-Chloro-2-methoxybenzoylamino) ethyl]-N -(cyclohexylcarbamoyl) benzenesulfonamide

分子式:

  • C23H28ClN3O5S

分子量:

  • 494.00
  • 169〜174℃


★リンクテーブル★
先読み実効線量
国試過去問106E018
リンク元等価線量」「吸収線量」「gray」「灰白」「灰色
拡張検索グレイ症候群

実効線量」

  [★]

effective dose
実効線量当量 effective dose equivalent
シーベルト


106E018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106E017]←[国試_106]→[106E019

等価線量」

  [★]

equivalent dose
シーベルト sievert Sv吸収線量
  • 単位:シーベルト Sv
  • 放射線の被曝量の単位で防護のために用いる。
  • 等価線量および実効線量の単位。
  • 被曝した放射線の種類に関係なく影響の程度を表す。
  単位 意味
吸収線量 グレイ Gy 物質が吸収するエネルギーの量
等価線量 シーベルト Sv 吸収されたエネルギーが生体に与える影響を、線種により補正
実効線量 吸収されたエネルギーが生体に与える影響を体部位、臓器により補正。総和で実質吸収した線量が計算される。



吸収線量」

  [★]

absorbed dose
シーベルトグレイ Gy
  単位 意味
吸収線量 グレイ Gy 物質が吸収するエネルギーの量
等価線量 シーベルト Sv 吸収されたエネルギーが生体に与える影響を、線種により補正
実効線量 吸収されたエネルギーが生体に与える影響を体部位、臓器により補正。総和で実質吸収した線量が計算される。


gray」

  [★]

  • n.
greygriseusGy


WordNet   license wordnet

「the SI unit of energy absorbed from ionizing radiation; equal to the absorption of one joule of radiation energy by one kilogram of matter; one gray equals 100 rad」
Gy

WordNet   license wordnet

「a neutral achromatic color midway between white and black」
grayness, grey, greyness

灰白」

  [★]

graygriseus
灰色グレイグレー

灰色」

  [★]

graygrey
灰白グレイグレー


グレイ症候群」

  [★]

gray syndrome, gray baby syndrome
灰白症候群
クロラムフェニコール


  • 新生児へのクロラムフェニコール投与は、肝機能が未熟であることからクロラムフェニコールの血中濃度が高まり、急性末梢循環不全を来す。この結果として皮膚の色が灰白色となる。
いまどき、クロラムフェニコールを経口で使うことはあまりないけどね





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡