グルタミン抱合

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

薬物代謝(抱合反応) 抱合反応:第二相反応 抱合反応とはシトクロムP450などの第一相反応によって生成した官能基に、硫酸やアミノ酸などの水溶性物質が結合する反応である。これによって水溶性が上昇する。 抱合反応には次のような ...
3I-PIPAは、投与後60分で約70 %を占めた。主な尿中放射化学的代謝産物は、 1 2 3 I-PIPAのグルタミン抱合 体及びグルクロン酸抱合体であった。 に代謝された後、肝臓等でグルタミン抱合またはグルクロン酸抱合を受け、水溶性物質と ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事グルタミン」「抱合

グルタミン」

  [★]

glutamine, Gln, Q
2-アミノグルタルアミド酸 2-aminoglutaramicacid
アミノ酸グルタミン酸


  • 極性。無電荷。
  • グルタミン酸の側鎖上のカルボキシル基の代わりにアミド基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-CH2-CO-NH2



抱合」

  [★]

conjugation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡