グルタチオントランスフェラーゼ

出典: meddic

glutathione transferase
グルタチオンSトランスフェラーゼグルタチオン転移酵素

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アコヤ貝成熟骨形成因子2の大腸菌における発現・精製とコドン使用頻度の比較
  • 宮下 知幸,加藤 弘隆,高木 良介
  • Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University 18, 1-7, 2006-09-30
  • アコヤ貝骨形成因子2の成熟領域全体をコードするcDNAを発現ベクターpGEX4T-2にクローニングし、大腸菌BL21でグルタチオントランスフェラーゼとの融合タンパク質として発現を試みたが、成功しなかった。融合タンパク質が発現しないのは成熟タンパク質のN末端部分にアルギニンが多数存在しており、その対応コドンであるAGA,AGGおよびCGGが大腸菌では殆ど使用されないことに起因すると考えられる。アルギ …
  • NAID 110006183410
  • イネにおけるプレチラクロールの薬害のダイムロンおよびフェンクロリムによる軽減作用とグルタチオントランスフェラーゼ活性との関係

関連リンク

グルタチオン-S-トランスフェラーゼ(GST:Glutathione S-transferase)は遺伝子工学で 目的のタンパク質に"タグ"として用いられる。分子量26kDa。GSTタグを持つ目的の タンパク質はアフィニティークロマトグラフィーにより効率よく回収することができる。
グルタチオン-S-トランスフェラーゼ (GSTs) によってこれらの結合反応が触媒される。 また、ある種の金属イオンは非酵素的にグルタチオンと結合する。 グルタチオンとこれら の物質の結合物(抱合体)は細胞外に排出され、細胞から有害物質が取り除かれる。

関連画像

究極のオプティマルヘルスは http://www.promega.co.jp/cat/img//9520maw4 図 コプラナーPCB による薬物 超急性期心筋梗塞診断法の開発Nishida et al. (1998) J. Mol. Biol. 281


★リンクテーブル★
リンク元グルタチオンSトランスフェラーゼ」「グルタチオン転移酵素」「glutathione transferase
関連記事トランス

グルタチオンSトランスフェラーゼ」

  [★]

glutathione S-transferase, GST
アラニンアミノペプチダーゼN-アセチルグルコサミニダーゼ
グルタチオンS-トランスフェラーゼグルタチオントランスフェラーゼグルタチオン転移酵素グルタチオンS-転移酵素
  • 遠位尿細管の細胞障害マーカー


グルタチオン転移酵素」

  [★]

glutathione transferase
グルタチオンSトランスフェラーゼグルタチオントランスフェラーゼ


glutathione transferase」

  [★]

glutathione S-transferase


トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡