グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素

出典: meddic

glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase, GAPDH
グリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ
[[]]




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿中剥離細胞survivin mRNA測定による膀胱癌の診断
  • 坂本 佑子,西岡 淳二,野間 桂 [他]
  • 臨床病理 59(5), 446-451, 2011-05
  • NAID 40018874336
  • 精子特異的グリセルアルデヒド-3- : リン酸脱水素酵素アイソフォームの電顕的局在と発現時期の解析から考察する精子鞭毛形成(論文賞受賞講演1,「出島」游學-形態通詞の未来展開-,第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会)
  • 谷井 一郎,稲垣 直之,中山 建男,今泉 和則,吉永 一也
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (49), 37, 2008-10-05
  • NAID 110006987077

関連リンク

グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase )には以下の5種がある。 グリセルアルデヒド-3-リン酸 デヒドロゲナーゼ (NADP+) EC.1.2.1.9; グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ ( リン酸化) EC.1.2.1.12 ...

関連画像

図3 】 図2 で生じた Category:EC 1.2.1 (page 1) - JapaneseClass 触媒機能を指向した酸化還元型 グリセルアルデヒド 3-リン酸 グリセルアルデヒド 3-リン酸 グリセルアルデヒド-3-リン酸脱


★リンクテーブル★
リンク元グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼ」「GAPDH」「グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ」「GAPDH反応におけるアセチルリン酸」「グリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素
関連記事酵素」「リン」「脱水素酵素」「セル」「リン酸脱水素酵素

グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase
グリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ

GAPDH」

  [★] グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素

グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ


グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ」

  [★] グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素

GAPDH


GAPDH反応におけるアセチルリン酸」

  [★] グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素


グリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素」

  [★] グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





脱水素酵素」

  [★]

dehydrogenase
デヒドロゲナーゼ
  • 脱水素による酸化反応を触媒する酵素群



セル」

  [★]

cell
細胞


リン酸脱水素酵素」

  [★]

phosphate dehydrogenase



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡