グリコーゲン回路

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

グリコーゲン代謝、糖新生 グリコーゲン代謝 グリコーゲンは動物での貯蔵多糖類であり、主に肝臓や筋肉中に存在する。グリコーゲンはα-D-グルコースが連続して結合したものである。 グリコーゲンには末端が還元性を示す還元末端 ...
Glycogenshortageduringfastingtriggersliver-brain-adiposeneurocircuitrytofacil... ... 絶食時の肝のグリコーゲン不足は、肝-脳-脂肪の神経回路を介して脂肪組織のトリグリセリド分解を促進する
食事とスタミナ 炭水化物を中心とした食事(食餌)の方が、高蛋白食や、高脂肪食より、グリコーゲンが貯蔵され、スタミナがつく。白米食では、ビタミンB1が欠乏しやすい。 高蛋白食は、肝臓や腎臓に負担を与える。

関連画像

解糖系とクエン酸回路。ハードな運動の副産物乳酸も 光合成での電子の流れと で活性化され、グリコーゲン


★リンクテーブル★
関連記事グリコーゲン」「回路」「グリコ」「

グリコーゲン」

  [★]

glycogen
糖原動物性澱粉 animal starchヘパチン hepatin
グルコース





回路」

  [★]

(電気)circuit、(代謝)cycle
サイクル周期


グリコ」

  [★]

glycoglycated
糖化


路」

  [★]

tract
tractus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡