グリオキサール

出典: meddic

glyoxal

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/05 11:34:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • イソプレンのオゾン酸化による低分子ジカルボン酸,オキソカルボン酸, グリオキサール,メチルグリオキサールの生成 : GC/MSによる酸化生成物の解析
  • 河村 公隆,立花 英里,坂本 陽介 [他]
  • Researches in organic geochemistry 30(1), 37-41, 2014-12
  • NAID 40020397165
  • メチルグリオキサール(MGO)含有の蜂蜜摂取による口臭予防効果
  • 上野 千裕,大島 朋子,前田 伸子
  • 日本口臭学会会誌 5(1), 9-14, 2014-06
  • NAID 40020138246
  • 食品の加熱調理によるアスコルビン酸由来メイラード反応生成物の健康への影響
  • 三宅 紀子,酒井 清子,曽根 保子,伊坂 亜友美,鈴木 恵美子,倉田 忠男
  • 日本調理科学会大会研究発表要旨集 25(0), 75, 2013
  • 【目的】アスコルビン酸(ASA)は調理過程において容易に酸化、加水分解されてジケトグロン酸(DKG)になる。ASA酸化生成物は反応性が高いジカルボニル構造を有することから、タンパク質とのメイラード反応が懸念される。近年このメイラード反応が生体内においても進行し、様々な疾病に関わることが報告され、飲食物由来のメイラード反応生成物の健康への影響についても関心が向けられるようになった。本研究ではASA酸 …
  • NAID 130005044297

関連リンク

グリオキサール (glyoxal) は、有機化合物の中で最も簡単なジアルデヒド。別名 シュウ 酸アルデヒド(蓚酸 ... グリオキサールはジアルデヒドであるため、変異原性を有する( 特にDNA中のグアニン残基に対して特異的に結合する)。このため、取り扱いには注意 が ...
フェニルグリオキサール (phenylglyoxal) は、化学式がC6H5C(O)C(O)Hの有機 化合物。アルデヒド基とケトン基の両方を含む。無水物のときは黄色の液体であるが、 容易に無色の結晶性水和物になる。アミノ酸の一種、アルギニンの修飾のための試薬 として使 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡