グアノシン二リン酸

出典: meddic

guanosine diphosphate, GDP
グアニン



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/26 20:33:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

栄養・生化学辞典 グアノシン二リン酸の用語解説 - ヌクレオチドの一つ.GTPアーゼによってGTPからリン酸が一つとれた形の化合物.Gタンパク質とよばれる信号伝達系の分子と結合して細胞内信号伝達に重要な役割を果たす.
株式会社スポーツニッポン新聞社(以下「弊社」といいます)が提供する スポニチwiki サービス(以下「当サービス」といいます)では、ウィキメディア財団が運営する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みグアニン
リンク元GDP」「guanosine diphosphate
拡張検索グアノシン二リン酸フコース」「グアノシン二リン酸マンノース」「グアノシン二リン酸糖
関連記事リン」「」「リン酸」「グアノシン

グアニン」

  [★]

guanine G Gua



GDP」

  [★]


guanosine diphosphate」

  [★]

グアノシン二リン酸

GDP


グアノシン二リン酸フコース」

  [★]

guanosine diphosphate fucoseGDP fucose
GDPフコース

グアノシン二リン酸マンノース」

  [★]

guanosine diphosphate mannose

グアノシン二リン酸糖」

  [★]

guanosine diphosphate sugar


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67



グアノシン」

  [★]

guanosine Guo G
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡