グアノシン三リン酸

出典: meddic

guanosine triphosphate, GTP
グアノシン5'-三リン酸, guanosine 5'-triphosphate




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/02 09:25:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新規骨粗鬆症治療薬ミノドロン酸水和物(リカルボン^【○!R】錠1mg/ボノテオ^【○!R】錠1mg)の薬理学的特性および臨床効果
  • 田中 真,森 裕史,清水 聖,松岡 俊行,山本屋 肇,南出 敏臣,森 政道,野崎 一敏,碓井 孝志,下川 建一郎,鈴木 ひろみ,青山 幸司,木本 愛之,笹又 理央,宮田 桂司
  • 日本薬理学雑誌 134(3), 149-157, 2009-09-01
  • … 細胞に選択的に取り込まれる分布経路が示唆された.また,ミノドロン酸は,メバロン酸代謝経路におけるファルネシルピロリン酸(FPP)合成酵素を強力に阻害したことから,破骨細胞内で低分子量グアノシン三リン酸(GTP)結合タンパク質のゲラニルゲラニル化を抑制することで破骨細胞の機能を低下させ,その結果,骨吸収を強力に抑制するものと推察された.閉経後骨粗鬆症の病態モデルである卵巣摘出骨粗鬆 …
  • NAID 10025741537
  • B型慢性肝炎治療薬エンテカビル水和物(バラクルード^【○!R】錠0.5mg)の薬理学的特性と臨床効果
  • 天野 学,後藤 新
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 129(4), 287-297, 2007-04-01
  • … イルス(HBV)に選択的な阻害作用を示し,他のウイルスに対する阻害作用は弱い.ETVは細胞内のキナーゼによってリン酸化され,活性体であるETV三リン酸(ETV-TP)となる.ETV-TPは天然基質のデオキシグアノシン三リン酸と競合し,HBV DNAポリメラーゼが有する3つの機能活性全てを阻害すると共にウイルスDNAに取り込まれてその伸長を停止させHBV複製を阻害する.HepG2.2.15細胞を用いたin vitro試験における本薬のHBV複製阻 …
  • NAID 10019563362

関連リンク

グアノシン三リン酸(グアノシンさんリンさん、guanosine triphosphate)は生物体内に存在するヌクレオチドである。正式名はグアノシン-5'-三リン酸、普通は略称 GTP で呼ばれる。分子量 523.18。 グアノシン二リン酸 (GDP) からアデノシン三 ...
グアノシン三リン酸(グアノシンさんリンさん、guanosine triphosphate)は生物体内に存在するヌクレオチドである。正式名はグアノシン-5'-三リン酸、普通は略称 GTP で呼ばれる。分子量 523.18。 グアノシン二リン酸 (GDP) からアデノシン三 ...
栄養・生化学辞典 グアノシン三リン酸の用語解説 - ヌクレオチドの一つ.生理的に重要な化合物.RNAやcGMPの材料になるほか,Gタンパク質とよばれる信号伝達系の分子と結合して,細胞内信号伝達に重要な役割を果たす.

関連画像

環状グアノシン一リン酸グアノシン三リン酸』の画像 グアノシン三リン酸』の画像 グアノシン三リン酸』の画像  三 リン酸 の 合成 18 の 合成 はグアノシン三リン酸


★リンクテーブル★
リンク元テトラヒドロビオプテリン」「GTP」「guanosine 5'-triphosphate」「GTP類似体」「guanosine triphosphate
関連記事リン」「」「リン酸」「グアノシン

テトラヒドロビオプテリン」

  [★]

tetrahydrobiopterin, BH4, THB
プテリン5,6,7,8-テトラヒドロビオプテリン

物性

  • C9H15N5O3、分子量241.25。

合成

  • グアノシン三リン酸(GTP)から合成される

補酵素

  • フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン
  • 2. 一酸化窒素の合成酵素

臨床関連

  • 合成系酵素欠損、補酵素作用で生じるキノノイドジヒドロプテリジン(7,8-ジヒドロビオプテリン)からの再生に必要な還元酵素の欠損により生じる



GTP」

  [★]


guanosine 5'-triphosphate」

  [★] グアノシン三リン酸グアノシン5'-三リン酸


GTP類似体」

  [★]

GTP analog
グアノシン三リン酸


guanosine triphosphate」

  [★] グアノシン三リン酸


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67



グアノシン」

  [★]

guanosine Guo G
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡