グアニル酸シクラーゼ

出典: meddic

guanylate cyclase
グアニル酸環状化酵素

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/22 21:55:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グアニル酸シクラーゼ
  • 大森 謙司
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 140(6), 304-305, 2012-12-01
  • NAID 10031130807
  • グアニル酸シクラーゼ刺激薬
  • 福本 義弘
  • 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology 43(5), 311-315, 2012-09-30
  • NAID 10031123920
  • グアニル酸シクラーゼ刺激薬/活性薬 (肺高血圧症の治療薬)

関連リンク

cyclic GMP グアニル酸シクラーゼによりGTPから生成されるセカンドメッセンジャー。グアニル酸シクラーゼには細胞膜一回貫通型のナトリウム利尿ペプチド 受容体と細胞質に存在する可溶型の2種がある。ナトリウム利尿ペプチド 受容体 ...
タイプ [編集] 膜結合性(タイプ1)と可溶性性(タイプ2)がある。 膜結合型 [編集] 膜結合性グアニル酸シクラーゼは膜を1回貫通するタンパク質で、ANP受容体としてはたらく(一方、アデニル酸シクラーゼは膜を12回貫通する ...

関連画像

グアニル酸シクラーゼ図.png水溶性ホルモンの細胞膜を 可溶性グアニル酸シクラーゼ PGI 2 (プロスタサイクリン グアニル酸シクラーゼ活性測 NOはグアニル酸シクラーゼ


★リンクテーブル★
リンク元グアニルシクラーゼ」「グアニリルシクラーゼ
拡張検索グアニル酸シクラーゼ活性化タンパク質」「グアニル酸シクラーゼ共役型受容体
関連記事」「グアニル酸

グアニルシクラーゼ」

  [★]

guanyl cyclase
グアニリルシクラーゼグアニル酸シクラーゼ


グアニリルシクラーゼ」

  [★]

guanylyl cyclase
グアニル酸シクラーゼグアニルシクラーゼ


グアニル酸シクラーゼ活性化タンパク質」

  [★]

guanylate cyclase-activating protein


グアニル酸シクラーゼ共役型受容体」

  [★]

guanylate cyclase-coupled receptor


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

グアニル酸」

  [★]

guanylate, guanylic acid
グアノシン一リン酸 GMP




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡