グアニリン

出典: meddic


和文文献

  • 生体膜陽イオン輸送のグアニリン・ウログアニリン系による制御 : 中間報告 : 各種動物赤血球と上皮細胞を用いたNaあるいはCI輸送測定法の検討(平成14年度麻布大学公的研究助成金事業研究成果報告)
  • 藤瀬 浩,藤谷 英男,内藤 博之
  • 麻布大学雑誌 5/6, 113-118, 2002
  • guanylinおよびuroguanylinによるNaおよびCI輸送制御測定系の検討のために,赤血球および上皮細胞を用いた。イヌ,クマ,オットセイ赤血球を用いて,Na/CaおよびNa/H交換輸送測定系,ならびにその交換輸送による細胞容積収縮および膨潤調節測定系を確立した。上皮細胞によるイオン輸送測定系として,フイルター底のTranswell上に腎由来細胞であるLLC-PK1の単層細胞層を調製し,こ …
  • NAID 110004323681
  • 臍帯血におけるウログアニリン濃度の検討
  • 塚原 宏一,SEKINE KYOICHI,UCHIYAMA MAYUMI,MIURA MASAKAZU,NAKAZATO MASAMITSU,DATE YUKARI,TSUNEZAWA WATARU,KOTSUJI FUMIKAZU,NISHIDA KOICHI,HIRAOKA MASAHIRO,MAYUMI MITSUFUMI
  • Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 43(3), 267-269, 2001-06-01
  • NAID 10010092339
  • 水・電解質代謝におけるグアニリンファミリーの生理学的意義に関する研究
  • 中里 雅光
  • 財団法人ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1999年度, 191-200, 2001-03
  • NAID 40004866815

関連リンク

当研究室の宮里らは、グアニリンおよびウログアニリンにそれぞれ特異的な抗体を作製 し、両ペプチドの構造解析・定量法 ... グアニリン・ファミリーは、水・電解質代謝調節に 関与している新たな生理活性ペプチドであり、病態生理との関連が注目されます。
され,グアニリンと名付けられて発表されてしまいま. した(8).完敗でした.その時の 経験から,培養細胞. を使ったアッセイ方法は非常に強力な手法であること. を痛感し ていましたので,今回は迷わず培養細胞のア. ッセイ系を使いました.ターゲットとなる オー ...

関連画像

 グ&アニリン染め(水染め)で グ、アニリンフィニッシュヘリンボーンクラブ アニリン 株式会社ウィルウェイ本来の表情を生かしたアニリン アニリンバッファローレザー


★リンクテーブル★
関連記事リン」「アニリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





アニリン」

  [★]

aniline
アミノベンゼン aminobenzeneフェニルアミン phenylamine





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡