クローン選択説

出典: meddic

clonal selection theory


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/28 18:32:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • クローン選択説に基づく免疫的なネットワークを用いたパターン認識システム
  • 唐 政,田島 浩一,曹 其萍
  • 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 J84-D-II(12), 2615-2622, 2001-12-01
  • 免疫系の研究の中で, 免疫ネットワークをモデル化したものにJerneによるネットワークの平衡状態を述べたものがある.筆者らは, 免疫系のもつ情報処理能力に学んで, これまでに免疫系における免疫応答に基づき免疫記憶の獲得可能なモデルを提案した.これらは, 免疫系を構成する細胞間の相互作用をモデル化したものであり, それら相互作用はあらかじめ用意された細胞により成されるネットワークの状態からの調節であ …
  • NAID 110003184218
  • ノーベル賞からみた免疫学入門(4)抗体産生理論の発展(第16話)間接鋳型説とクローン選択説--バーネットの業績

関連リンク

クローン選択説(-せんたくせつ、英:clonal selection theory)とは、1957年にBurnetが 提唱した抗体の産生機構についての説。鋳型説に変わって登場した。 あらゆる抗原に 対して特異的に反応する抗体が先天的にB細胞クローンとして存在し、抗原が体内に 侵入 ...
1957年にバーネットはクローン選択説(clonal selection theory)を提出して、この考え を覆した。クローン選択説によれば、あらゆる抗原に対して、これに特異的に反応する 抗体が、もともと先天的にB細胞のクローン(単一細胞に由来する遺伝的に全く同一な 細胞 ...

関連画像

クローン選択説クローン選択説.jpgクローン選択説図2 クローン選択説五、クローン選択説DN3の時期に体細胞組み換えが


★リンクテーブル★
関連記事選択」「クローン

選択」

  [★]

selectionchoiceoptionselectchooseoptselectiveelectiveoptional
選ぶ、選挙、選択肢選択性選択的任意オプション選抜セレクション選定待期的随意
淘汰


クローン」

  [★]

clone
クローン選択説
  • クローンは、同一の起源を持ち、尚かつ均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団。

参考

  • wikipedia -クローン
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡