クロード

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/09 20:35:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 永田町ライヴ!(Number 265)南シナ海で米中が一触即発 安倍もシルクロード外交で応戦
  • 中国シンクタンクが明かす「新シルクロード構想」全容
  • 難削材加工を変える「シンクロドライビング」
  • 機械と工具 : 生産加工技術を支える 5(9), 76-78, 2015-09
  • NAID 40020571093

関連リンク

松江市のケーキショップCLAUDEクロードはオーダーメイドやバースデー・ウェディングケーキ・クリスマスケーキも承ります。 住所 松江市上乃木7-10-6 電話 0852-26-7540 FAX 0852-26-7510 営業時間 ショップ am9:00~pm7:30 ティーサロン am9 ...
クロードがイラスト付きでわかる! 欧米の男性人名 +『未来警察ウラシマン』登場人物。 +『超幕末新世紀タカマル』登場人物。→福田クロード +『黒執事(黒執事Ⅱ)』の登場人物。→クロード・フォースタス +『PandoraHearts』の登場 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 褥瘡・皮膚潰瘍治療剤

販売名

スクロードパスタ

組成

成分・分量(1g中)

  • 日局精製白糖 700mg
    日局ポビドンヨード 30mg

添加物

  • ヨウ化カリウム、ポリオキシエチレン(160)ポリオキシプロピレン(30)グリコール、アルギン酸ナトリウム、マクロゴール400、濃グリセリン

禁忌

次の患者には使用しないこと

  • 本剤の成分又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)

  • 症状及び病巣の広さに応じて適量を使用する。
    潰瘍面を清拭後、1日1〜2回ガーゼにのばして貼付するか、又は患部に直接塗布しその上をガーゼで保護する。

慎重投与

次の患者には慎重に使用すること

  • 甲状腺機能に異常のある患者〔甲状腺機能に異常がある場合はポビドンヨード投与により血中ヨウ素値の調節ができず、甲状腺ホルモン関連物質に影響を与える可能性がある。〕
  • 腎不全の患者〔腎不全患者ではポビドンヨード投与により血清中総ヨウ素濃度が著しく高くなることが報告されている。〕
  • 新生児〔新生児にポビドンヨードを使用し、甲状腺機能低下症を起こしたとの報告がある。〕

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、不快感、浮腫、潮紅、蕁麻疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

黄色ブドウ球菌皮膚感染モデルに対する抗菌作用及び創傷治癒作用4)

  • スクロードパスタ及び標準製剤(精製白糖・ポビドンヨード配合剤)の生物学的同等性について、雄性モルモット黄色ブドウ球菌皮膚感染モデルを用いて抗菌作用及び創傷治癒作用を指標とした薬効薬理比較試験を実施して評価した。その結果、治療試験における感染部位の肉眼的評価及び培養試験の陰性率について両剤とも被験薬基剤塗布群(プラセボ)と比較して統計学的に有意差を認め、かつ、有意水準が等しかったことより両剤は生物学的に同等と判断された。

熱傷モデルに対する熱傷治癒作用4)

  • スクロードパスタ及び標準製剤(精製白糖・ポビドンヨード配合剤)の生物学的同等性について、皮膚欠損を伴う雄性ラット熱傷モデルを用いて熱傷治癒作用を指標とした薬効薬理比較試験を実施して評価した。その結果、熱傷面積より算出した治癒促進率及び皮膚熱傷組織中のヒドロキシプロリン含有増加(コラーゲン繊維増殖)について両剤とも被験薬基剤塗布群(プラセボ)と比較して統計学的に有意差を認め、かつ、有意水準が等しかったことより両剤は生物学的に同等と判断された。

MRSA感染症モデルに対する抗菌作用及び創傷治癒作用4)

  • スクロードパスタ及び標準製剤(精製白糖・ポビドンヨード配合剤)の生物学的同等性について、Hydrocortisone負荷雄性ラット円形切除創MRSA感染症モデルを用いて創傷治癒作用、抗菌作用及び皮膚組織の再生に及ぼす影響を指標とした薬効薬理比較試験を実施して評価した。その結果、感染部位の肉眼的評価、円形切除創面積より算出した治癒促進率、培養試験の陰性率及び皮膚円形切除創組織中ヒドロキシプロリン含量について両剤とも被験薬基剤塗布群(プラセボ)と比較して統計学的に有意差を認め、かつ、有意水準が等しかったことより両剤は生物学的に同等と判断された。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 精製白糖(Sucrose)

化学式

  • C12H22O11=342.30

化学名

  • β-D-Fructofuranosyl-α-D-glucopyranoside

性状

  • 白色の結晶性の粉末、又は光沢のある無色あるいは白色の結晶である。
    水に極めて溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくい。

一般名

  • ポビドンヨード(Povidone-Iodine)

化学式

  • (C6H9NO)nxI

化学名

  • Poly[(2-oxopyrrolidin-1-yl)ethylene] iodine

性状

  • 暗赤褐色の粉末で、わずかに特異なにおいがある。
    水又はエタノール(99.5)に溶けやすい。
    本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは1.5〜3.5である。


★リンクテーブル★
拡張検索クロード・ベルナール」「スクロードパスタ
関連記事ロード

クロード・ベルナール」

  [★]

Claude Bernard

参考

  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Claude_Bernard

スクロードパスタ」

  [★] 精製白糖ポビドンヨード

その他の外皮用薬

ロード」

  [★]

load
荷電負荷荷重



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡