クロー

出典: meddic

Krogh, clo


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/29 20:51:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 女性アイドルが戦国時代 「ももクロ」が一歩リード (特集 2013大予測&2050未来予測) -- (2013年大予測(Part 5)エンタメ&消費編 消費不況どこ吹く風 エンタメ界の底力)
  • 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai (6437), 156, 2013-12-29
  • NAID 40019525295
  • 大学の体育 クロストレーニングで広がるランニングの世界 (ライフステージと表現・ダンス : 動きの面白さを学ぶ) -- (体育・スポーツ実践研究)

関連リンク

名称 レアドロップモンスター名/合成武器の補足 取得場所 価 格 耐 久 硬 度 突 き 斬 り 物 防 魔 攻 魔 防 命 中 回 避 敏 捷 Cri 補 正 デ ィ レ イ 合 成 回 数 条 件 ルーレット (MR)費用 /備考 †ボーンクローR ゲーム開始時のキャラと ...
クロー (くろー/Claws) 格闘武器の一つ。いわゆるクロー系に属する。 格闘武器の一系統。【クロー系】の項目を参照のこと。 召喚獣 ガルーダの履行技。【クロー(契約の履行 )】の項目を参照のこと。 格闘武器「クロー」 編 D+7 隔+66 ...

関連画像

トリプルブレードクローナイフ 今回は「霞クロー」です。 クロー 3インチ エコ認定商品クロー」に関する画像一覧クローワームはいろんな クロー装備時は猫背」と言う

添付文書

薬効分類名

  • 抗ヒスタミン剤

販売名

クロール・トリメトン注10mg

組成

有効成分(1アンプル(1mL)中の含有量)

  • 日局クロルフェニラミンマレイン酸塩 10mg

添加物

  • 等張化剤を含有する。

禁忌

  • 本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し,緑内障が増悪することがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難,尿閉等があらわれ,症状が増悪することがある。]
  • 低出生体重児・新生児(「小児等への投与」の項参照)

効能または効果

  • じん麻疹,枯草熱,皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,薬疹,咬刺症),アレルギー性鼻炎,血管運動性鼻炎
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩として,通常,成人1回5〜10mgを1日1〜2回,皮下,筋肉内または静脈内注射する。
    なお,年齢,症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し,症状が増悪するおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症のある患者[抗コリン作用により症状が増悪するおそれがある。]
  • 狭窄性消化性潰瘍,幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制,緊張低下が起こり,症状が増悪するおそれがある。]
  • 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により,症状が増悪するおそれがある。]
  • 高血圧症のある患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され,血圧が上昇するおそれがある。]

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので,観察を十分に行い,チアノーゼ,呼吸困難,胸内苦悶,血圧低下等の症状があらわれた場合には,投与を中止し,適切な処置を行うこと。

痙攣,錯乱(頻度不明)

  • 痙攣,錯乱があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常があらわれた場合には,減量又は休薬等適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血,無顆粒球症1),2)(頻度不明)

  • 再生不良性貧血,無顆粒球症があらわれることがあるので,血液検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止すること。

薬効薬理

in vitroにおける抗ヒスタミン作用6)

  • 本剤は,モルモット摘出回腸のヒスタミン収縮に対して拮抗作用を示し,そのIC50値は1.7μg/Lであった。

in vivoにおける抗ヒスタミン作用7)

  • 本剤は,モルモットのヒスタミン誘発致死に対して防御作用を示し,そのED50値は皮下投与時0.031mg/kg,静脈内投与時0.026mg/kg,腹腔内投与時0.06mg/kgであった。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロルフェニラミンマレイン酸塩(JAN)
    Chlorpheniramine Maleate(JAN)
    Chlorphenamine(INN)

化学名

  • (3RS)-3-(4-Chlorophenyl)-N,N-dimethyl-3-pyridin-2-ylpropylamine monomaleate

分子式

  • C16H19ClN2・C4H4O4

分子量

  • 390.86

性状

  • 本品は白色の微細な結晶である。本品は酢酸(100)に極めて溶けやすく,水又はメタノールに溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けやすい。本品は希塩酸に溶ける。本品の水溶液(1→20)は旋光性を示さない。

融点

  • 130〜135℃


★リンクテーブル★
拡張検索ミオクローヌス反射」「眼球クローヌス・ミオクローヌス運動失調」「単クローン性

ミオクローヌス反射」

  [★]

myoclonic jerk
ミオクローヌスミオクローヌス性発作ミオクローヌス性単収縮口蓋ミオクローヌス夜間ミオクローヌス分節性ミオクローヌス企図性ミオクローヌス睡眠時ミオクローヌスミオクローヌス発作


眼球クローヌス・ミオクローヌス運動失調」

  [★]

opsoclonus myoclonus ataxia
傍腫瘍性眼球クローヌス・ミオクローヌス運動失調眼球クローヌス・ミオクローヌス症候群


単クローン性」

  [★]

monoclonalitymonoclonal
単クローンモノクローナルモノクロナル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡