クロロセン

出典: meddic

chlorothen
  • H1受容体の拮抗薬
  • tripelennamineよりも毒性が弱く、効力が高い (参考1)
  • アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、血管性浮腫、血液や血漿に対するアレルギー反応、皮膚描画症 (参考1)

参考

  • 1.
[display]http://toxnet.nlm.nih.gov/cgi-bin/sis/search/a?dbs%2Bhsdb%3A%40term%2B%40DOCNO%2B5183



関連リンク

オゾン層を破壊するものとして1995年末に全廃。メチルクロロホルム。クロロセン。 出典|小学館 この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員: 尚、林巨樹、飛田良文 編集協力:曽根脩 (C)Shogakukan Inc. それぞれの用語は執筆時点 ...
化学物質「クロロセン」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またJST内外の良質なコンテンツへ案内いた ...
18 1,1,2-トリクロロエタン (3) 各媒体中の存在量の概要 本物質の環境中等の濃度について情報の整理を行った。媒体ごとにデータの信頼性が確認さ れた調査例のうち、より広範囲の地域で調査が実施されたものを抽出した結果を表2.3 に ...

関連画像

東芝 かなりや Kそれとは別にこんな物も登場


★リンクテーブル★
先読み抗ヒスタミン薬
関連記事クロロ

抗ヒスタミン薬」

  [★]

antihistamine antihistamines, histamine antagonist
ヒスタミン拮抗薬 histamine antagonistsヒスタミン遮断薬 histamine blocking agents
ヒスタミン受容体薬理学
ヒスタミンH1受容体拮抗薬 histamine H1 receptor antagonistH1拮抗薬 H1 blockerH2遮断薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2 receptor antagonistH2拮抗薬 H2 blockerH2遮断薬
  • 古典的抗ヒスタミン薬
  • エタノールアミン系
  • プロピルアミン系
  • ピペラジン系
  • ピペリジン系
  • 第二世代ヒスタミン薬
中枢作用↓、鎮静作用↓、抗コリン作用↓
  • ピペリジン系
  • アレルギー性抗ヒスタミン薬
ケミカルメディエーター放出を抑制
中枢作用:有。鎮静作用:有


クロロ」

  [★]

chloro
塩化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡