クロルマジノン酢酸エステル

出典: meddic

クロルマジノン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 クロルマジノン酢酸エステル錠25mg「タイヨー」 (後発品) CHLORMADINONE ... 重篤な肝障害・肝疾患のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪する ...
成分(一般名) : クロルマジノン酢酸エステル 製品例 : ルトラール錠2mg、エフミン錠25mg、プロスタール錠25、プロスタールL錠50mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 卵胞ホルモン,黄体ホルモン/合成黄体ホルモン/経口黄体 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 前立腺肥大症・癌治療剤

販売名

ヴェロニカ錠25mg

組成

  • 1錠中、クロルマジノン酢酸エステル25mgを含有する。
    添加物として、乳糖水和物、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mgを含有する。

禁忌

重篤な肝障害・肝疾患のある患者

  • [代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある。]

効能または効果

  • 前立腺肥大症
  • 前立腺癌
    但し、転移のある前立腺癌症例に対しては、他療法による治療の困難な場合に使用する。

前立腺肥大症

  • クロルマジノン酢酸エステルとして、1回25mg(1錠)を1日2回食後に経口投与する。

前立腺癌

  • クロルマジノン酢酸エステルとして、1回50mg(2錠)を1日2回食後に経口投与する。
    なお、症状により適宜増減する。

慎重投与

心疾患、腎疾患又はその既往歴のある患者

  • [ナトリウムや体液の貯留により、これらの症状が増悪することがある。]

糖尿病患者

  • [耐糖能の低下があらわれることがある。]

重大な副作用

うっ血性心不全(頻度不明)

  • うっ血性心不全があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

血栓症(頻度不明)

  • 血栓症(脳、心、肺、四肢等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明)

  • 本剤投与1〜2ヵ月後に劇症肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれ、死亡に至った症例が報告されているので、投与開始後3ヵ月間は少なくとも1ヵ月に1回、それ以降も定期的に肝機能検査を行い、悪心・嘔吐、食欲不振、全身倦怠感等の異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行うこと。

糖尿病、糖尿病の悪化、高血糖(いずれも頻度不明)

  • 糖尿病、糖尿病の悪化あるいは高血糖があらわれることがあり、昏睡、ケトアシドーシスを伴う重篤な症例も報告されているので、血糖値や尿糖に注意するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロルマジノン酢酸エステル(Chlormadinone Acetate)

化学名

  • 6-Chloro-3,20-dioxopregna-4,6-dien-17-yl acetate

分子式

  • 2329ClO

分子量

  • 404.93

性状

  • 白色〜淡黄色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
    クロロホルムに溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融点

  • 211〜215℃


★リンクテーブル★
リンク元ルテジオン配合
関連記事エス」「クロルマジノン」「酢酸」「酢酸エステル」「

ルテジオン配合」

  [★] クロルマジノン酢酸エステル(クロルマジノン)、メストラノール


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



クロルマジノン」

  [★]

chlormadinone
クロルマジノン酢酸エステル酢酸クロルマジノン chlormadinone acetate
ヴェロニカエフミンクロキナンクロキナンLゲシンゲシンLサキオジールジルスタンLプレストロンプロスタールプロスタールLプロスタットルテジオン配合ルトラールレコルクロンステロン
抗アンドロゲン薬メストラノール



酢酸」

  [★]

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸
  • CH3COOH


酢酸エステル」

  [★]

acetate esteracetate
アセテート acetate酢酸酢酸塩
  • CH3COOR。


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3